スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The xx - Night Time



You mean that much to me
私にとって貴方がどれほど大切な人か
And it's hard to show
うまく伝えられない
Gets hectic inside of me
平静ではいられなくなるの
When you go
貴方が傍にいないと

Can I confess these things to you
こんなこと貴方に打ち明けてもいいのかしら
Well I don't know
私には分からないわ
Embedded in my chest
胸の中に留めて
And it hurts to hold
秘めているのが辛いの

I couldn't spill my heart
胸の内を明かせないの
My eyes gleam looking in from the dark
暗闇から覗く私の瞳にきらめく光
I walk out in stormy weather
嵐の中を外へ出る
Hold my words, keep us together
言葉を繋ぎ止めて どうか傍を離れないで
Steady walking but bound to trip
しっかりと歩いているけれど、躓いたら取り返しはつかない
Should release but just tighten my grip
手放さなくてはいけないのに、ただ強く握りしめしまうばかり

Night time sympathize
夜が共鳴する
I've been working on white lies
私は空っぽの嘘を吐いてきた
So I'll tell the truth
だけど今本当のことを告げるわ
I'll give it up to you
諦めてあなたに委ねるの
And when the day come
その日が来たら
It will have all been fun
笑って振り返ることもできるはず
We'll talk about it soon
このことは近いうちに話しましょう

And I couldn't spill my heart
span style="color:#FF9900">胸の内を明かせないの
My eyes gleam looking in from the dark
暗闇から覗く私の瞳にきらめく光
I walk out in stormy weather
嵐の中を外へ出るの
Hope my words keep us together
どうか私の言葉が二人を繋ぎ止めてくれますように
Steady walking but bound to trip
しっかりと歩いているけれど、躓いたら取り返しはつかない
Should release but just tighten my grip
手放さなくてはいけないのに、ただ強く握りしめてしまうばかり

スポンサーサイト

Nine Inch Nails - Came Back Haunted



Ha-ha-haunted
取り憑かれてるんだ

The throat is deep and the mouth is wide
大きく開かれた、底の見えない口
Saw some things on the other side
向こう側で俺は見たんだ
Made me promise to never tell
そいつは誰にも言うなって俺に誓わせたけど
But you know me, I can't help myself
知ってるだろ、黙っておけないんだ

Now I've got something you have to see
君に見せたいものがある
They put something inside of me
やつらは俺の中にあるものを植え付けた
The smile is red and its eyes are black
そいつは赤い笑みを浮かべて、真っ黒な瞳で見つめている
I don't think I'll be coming back
もう戻ることはできないだろう

I don't believe it
信じたくないけれど
I had to see it
認めるしかなかったんだ
I came back haunted
戻ってきたときには、俺は取り憑かれていたんだ
I came back haunted
戻ってきたときには、俺は取り憑かれていたんだ

I said goodbye but I --
さようならを言ったんだ
I had to try
足掻かなきゃいけなかった
I came back haunted
戻ってきたときには、俺は取り憑かれていたんだ
C-C-C-came back haunted
戻ってきたときには、俺は取り憑かれていたんだ

Everywhere now reminding me
どこにいても知らしめられる
I am not who I used to be
俺は昔の自分とは変わってしまった
I'm afraid this has just begun
これは始まりでしかない
Consequences for what I've done, yeah
自らの行いの、当然の報いさ

Just can't
ただ
Stop
止められないんだ

The Hoosiers - Killer



I hate my work, but I'm in control
嫌な生業だ けれどこれが僕の仕事
I'm fearless now, but it cost my soul
魂と引き替えに 恐れを知らぬ心を手に入れる
Save yourselves, the moon is full
自分の身は自分で守らなければ 今宵は満月
Under its power, gravitational pull
星の満ち引きにつられて 怪しい本能が目覚める

Blood red lips, they shake like leaves
血に濡れた赤い唇は、木の葉のように震えている
You're flesh and blood, but what's underneath?
肉でできた君の体、けれどその内側には何がある?

Don't turn out the lights
電気は消さないで
Kiss yourself goodnight cause there's a killer
おやすみのキスをほら すぐそこにやつが迫っている
And he's coming after you
君を追ってやってくるよ
Kiss yourself goodnight, tonight
おやすみのキスをほら
Cause there's a killer and he's coming after you
今宵 やつが君を追ってやって来る

It's alright to scream
叫んでも構わないよ
I'm screaming too,
僕だって叫んでいるから
Why'd you think I do these things I do?
なぜこんなことをするのかって?
For shadows haunted me like ghosts,
まるで幽霊のように、暗闇の呪いにかかったのさ
So I became what I feared the most
僕が一番恐れるものに、僕自身がなることにしたんだ

I conduct fear like electricity
恐怖が電気みたいに僕の身体を駆け抜ける
A man made monstrosity
僕は人の狂気が作り上げた怪物なのさ

The Hoosiers - Run Rabbit Run



I saw a fox by the rabbit hole
兎の住処の入り口に、誰かが待ち構えていた
You saw a prince from a fairy tale
君にはそいつがおとぎ話の王子様に見えたんだね
He promised that he'd watch over you
やつは君を必ず守ると約束したけれど
Turned out to be the fox we all knew
いつもの悪賢い狐が、君を騙していただけだったんだ

If I've got to be true, what chance did you stand?
はっきりと言おう 夢でも見ていたのかい?
Tall guy, tall tailed, get out while you can.
すぐに逃げ出すんだ、相手を捲いて、やつに捕まらないうちに

Run rabbit run, as fast as you can. Don't look back.
走れウサギよ できるだけ早く、振り返らないで
Run rabbit run, as fast as you can. Don't look back.
走れウサギよ できるだけ早く、振り返らないで

He'd dance to your beat, and steal your heart
奴は君のリズムに合わせて踊る、君の心を骨抜きにして
And smile with those teeth and tear you apart.
歯を見せて笑った後に、君の心をずたずたに引き裂くんだ

Hounds on your heels, you can't stop for breath
飢えた猟犬たちがすぐ傍まで忍び寄る、息苦しくても止まらないで
The way you survive, till there's nothing left
何もかもを失って 君はくたびれきってしまうだろう

The xx - Missing



My heart is beating in a different way
心臓の鼓動がおかしいんだ
Been gone such a long time and I feel the same
あまりにも長い間離れていたから、感覚が麻痺してしまった
My heart is beating in a different way
心臓の鼓動がおかしいんだ
Been gone such a long time
あまりにも長い間遠ざかっていて

Will you miss me? (I, I, I, oh)
私を思い出してくれる?
When there's nothing to see? (I, I, I, oh)
そこに何もなくても
Tell me, how did this come to be? (I, I, I, oh)
教えて欲しいの、どうしてこんなことになってしまったのか
And now there's no hope for you and me
今や二人の望みは絶たれて

Do you still believe? (I, I, I, oh)
まだ信じているの?
In you and me? (I, I, I, oh)
二人の関係を?
Are we all we could be? (I, I, I, oh)
こうなるしかなかったの?
Is it meant to be?
これは運命なの?

The xx - Reunion



We visit a life we both left behind
僕等は一度捨てた過去を再び訪れる
Ignore the heart
心を見て見ぬふりして
Move to the ever-moving
永遠に止まることなく動きつづけながら
Or, blazin', we go over
あるいは、煌々と燃え上がりながら
And over and over and over again
何度も何度も、振り出しに戻るのさ

If I wait too long
これ以上長く待ったら
I'll lose you from my sight
あなたを見失ってしまう
Maybe tonight
もしかしたら今夜
I could stop dreaming
夢から目覚めて
And start believing in forever
永久を信じることができるのかもしれない
And ever and ever and ever again
もう二度と

Reunion, reunion
再会、再会
Reunion, reunion
再会、再会
Never not ever, never not ever again
もう二度と、あり得ないこと

And it's burning inside 'til you give it up
そいつがあなたの中を焼き尽くして降参させる
How long should I wait?
どれだけ待てばいいの?
There's no need to hide, from this
隠れる必要なんてないわ
Only you in here
ここにはあなたにしかいないのだから

There's an end to us with someone else inside
君の心は別の誰かに奪われて、僕等の関係は終わった
You shine your light
君は輝く光を持っている
There goes that feeling, won't let me see them
また同じ気持ちに襲われる、これ以上見たくないんだ
Never not ever, never not ever again
決して、二度と

Did I see you, see me, in a new light?
私はあなたを、そして自分を、新しい光の中に見出したの?
Did I see you, see me, in a new light?
私はあなたを、そして自分を、新しい光の中に見出したの?
Did I see you, see me, in a new light?
私はあなたを、そして自分を、新しい光の中に見出したの?
Never not ever again
もう二度と

The xx -Try



We bide our time
僕等は未だ待っている
Though the time is fine
時は満ちたというのに
Oh to be there, I could be there
その場所へ行くために 必ず向かうよ
Say you'll be there
君も来てくれるだろう?

You know the way, I
分かるだろ
Can't resist you, I
君を拒むことなんてできやしない
Said to myself I'll try
できるだけの努力はするさ

Why do we waste time
どうして僕等は時間を無駄にするのか
Hiding it inside?
気持ちを伝えることもせずに
I want you to be mine
君を手に入れたいんだ

Now it's dead and gone
今や僕等は手遅れ
You say what you would've done
やれたはずだって、あなたは言う
You would've been there,
あなたは来るはずだった
I wish you'd been there,
来て欲しかったのに
I needed you there
あなたが必要だったのに

And if we try once more
もしもう一度チャンスを得ることができたら
Would you give me it all?
あなたは私に全て与えてくれるかしら
I won't believe it,
自分で確かめるまで
'Til I can feel it
信じることはできない
Can you feel it?
あなたは感じてる?

The xx - Fiction



Fiction, when we're not together
フィクション 君と僕が引き裂かれた世界
Mistaken for a vision, something of my own creation
現実と妄想が混ざり合う
I wake up alone, with only daylight between us
陽光に遮られる二人 僕はひとりで目覚める
Last night the world was beneath us
昨夜、世界は僕等の手の中にあった
Tonight comes, dear love
夜とともにやって来る、愛しい人よ
Were we torn apart by the break of day?
僕等は陽の光に引き裂かれてしまったのだろうか?
You're more than I can believe, whatever come my way
何が起ころうとも、君は僕の全て

Fiction, when we're not together
フィクション 君と僕が引き裂かれた世界
Mistaken for a vision, something of my own creation
現実と妄想が混ざり合う
Come real love, why do I refuse you?
おいで愛しい人よ どうして僕が君を拒むだろう?
Cause if my fear's right, I risk to lose you
もしこの恐ろしい予感が当たっているとしたら、君を失ってしまうかもしれない
And if I just might wake up alone
僕が一人きりで目覚めたら
Bring on the night
そのときは夜を呼び寄せてくれ

Fiction, when we're not together
フィクション 君と僕が引き裂かれた世界
Mistaken for a vision, something of my own creation
現実と妄想が混ざり合う
Any certainties, how am I to tell?
あらゆる必然性を、なんと伝えればいいだろう?
I know your face all too well, still I wake up alone
目覚めても君はいない その顔を忘れることさえできないのに

The xx - Angels



Light reflects from your shadow
光があなたの陰を映し出す
It is more than I thought could exist
それは夢のような光景
You move through the room
あなたは部屋を歩き回る
Like breathing was easy if someone believed me
まるで信じてくれる人さえいれば、息をすることも容易いというように

They would be
誰もがきっと見とれるわ
As in love with you as I am
私があなたに恋したように

And everyday
そして、毎日
I am learning about you
私は新しいあなたを発見するの
The things that no one else sees
私しか知らないあなたを
And the end comes too soon
けれど終わりは突然やって来る
Like dreaming of angels
まるで天使が見た夢のように

And leaving without them
そして彼らを置き去りにするの

And with words unspoken
言葉にならなかった気持ちや
A silent devotion
無言の献身
I know you know what I mean
分かるでしょう
And the end is unknown
行方の分からぬ恋
But I think I'm ready
だけど、覚悟はできているわ
As long as you're with me
あなたが傍にいてくれる限り


2013年フジロックのライブ最高でした!

David Bowie - Hearts Filthy Lesson



(Hearts filthy lesson)
(ふしだらな魂の教え)
(Hearts filthy lesson)
(ふしだらな魂の教え)
(Hearts filthy lesson)
(ふしだらな魂の教え)

There's always the Diamond friendly
いつだって輝く人々が傍にいてくれる
Sitting in the Laugh Motel
嘲笑のモーテルの中に座りながら
The Hearts Filthy lesson
ふしだらな魂の教え
With her hundred miles to hell
彼女が歩む地獄への100マイルの道のりと共に

Oh, Ramona - if there was only something between us
ああラモーナ 僕たちを隔てるものがあるとしたら
If there was only something between us
僕たちを隔てるものがあるとしたら
Other than our clothes
僕等が身につけているもの以外に

Something in our skies
僕等の空に浮かぶ何か
Something in our skies
僕等の空に浮かぶ何か
Something in our blood
僕等の血に流れる何か
Something in our skies
僕等の空に浮かぶ何か

Paddy
パディー
Paddy
パディー
Who's been wearing Miranda's clothes?
ミランダの服を着ているのは誰だ?

It's the hearts filthy lesson
それは、ふしだらな魂の教え
Hearts filthy lesson
ふしだらな魂の教え
Hearts filthy lesson
ふしだらな魂の教え
Falls upon deaf ears
聾唖の耳にささやきかける

Oh Ramona, if there was only some kind of future
ああラモーナ この先になんらかの未来があるなら
Oh Ramona, if there was only some kind of future
ああラモーナ この先になんらかの未来があるなら
And these cerulean skies
この、セロリアンブル−の大空

Paddy will you carry me, I think I've lost my way
パディー、僕を連れていってくれないか 道に迷ってしまったようだ
I'm already five years older I'm already in my grave
僕はもう5年も年老いて、すでに棺桶の中にいるんだ

Paddy, what a fantastic death abyss
パディー、なんて素晴らしい死の淵だろう
Tell the others
みんなにも伝えてくれ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。