スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jeff Buckely - Last Goodbye



This is our last goodbye
これで本当にさようならだ
I hate to feel the love between us die
二人の愛が枯れていくのを感じて、気が滅入るよ
But it's over
だけどお終いなんだ
Just hear this and then I'll go
最後にどうか、僕の話を聞いてくれ
You gave me more to live for
君は僕に生きる目的を与えてくれた
More than you'll ever know
君の想像もつかない程に

This is our last embrace
これが最後の抱擁だ
Must I dream and always see your face?
これから僕は、夢を見る度に君の面影を思い出すんだろうか?
Why can't we overcome this wall?
どうして僕らはこの壁を乗り越えられないんだろう?
Baby, maybe its just because you didn't know you at all
ベイビー、もしかして僕は君のことをちっとも分かっていなかったのかもね

Kiss me, please kiss me
どうか僕にキスしてくれ お願いだよ
But kiss me out of desire, babe, not consolation
慰めなんかじゃなく、望んでそうして欲しいんだ
Oh, you know it makes me so angry
腹が立ってしょうがないよ
'Cause I know that in time, I'll only make you cry
だって傍にいても、僕は君を泣かせるだけなんだから
This is our last goodbye
これで本当にさようならだ

Did you say, "No, this can't happen to me"
君は言っただろうか 「こんなこと起こっていいはずがない」って
Did you rush to the phone to call
電話をかけに走っただろうか
Was there a voice unkind in the back of your mind
君の心の中の意地悪な声が、こう言いはしなかったかい
Saying maybe you didn't know him at all
もしかしたら君は、彼のことをちっとも知らなかったんじゃないかって
You didn't know him at all, oh oh, ya didn't know
理解していなかったんじゃないかって
Ooo didn't know
分かっていなかったのさ

Well, the bells out in the church tower chime
鳴り響く教会の鐘が
Burning clues into this heart of mine
僕の心に手掛かりを焼き付ける
Thinking so hard on her soft eyes
彼女の柔らかな瞳を見て、僕は頭を悩ませる
And the memories, offer signs that it's over
そして二人の思い出が、終わりを知らせているんだ
Over
終わりを


「バニラ・スカイ」のサントラに収録されているこの曲を聞いたのがきっかけで、以来Jeff Buckelyの大ファンになりました。
バックグラウンドとしては、Jeff Buckelyがロサンゼルスにいた頃付き合って居た年上のドイツ人女性との別れをうたった歌だそうな。
元音楽ライターだけあって選曲にこだわりの伺えるキャメロン・クロウ監督だけど、シガー・ロスには「楽曲提供したのは失敗だった」みたいなこと言われて結構トホホな映画かもしれませんね笑
サントラ自体は他にもRadioheadの「Everything In Its Right Place」だとかR.E.Mの「Sweetness Follows」だとか本当に名曲揃いなので、映画未見の方にもオススメです。

スポンサーサイト

Jefferson Airplane - Somebody To Love



When the truth is found to be lies
真実が嘘に変わり
And all the joy within you dies
心の喜びが、死んでしまったとき
Don't you want somebody to love, don't you
愛せる誰かを見つけたいとは思わないかい
Need somebody to love, wouldn't you
愛する誰かを必要とはしないかい
Love somebody to love, you better
誰かを愛したいとは思わないかい
Find somebody to love
君は愛する者を見つけるべきなのさ

When the garden flowers baby are dead, yes and
庭に咲いた花の蕾が枯れ果て
Your mind, your mind is so full of red
君の心が真っ赤に染まってしまったとき
Don't you want somebody to love, don't you
愛せる誰かを見つけたいとは思わないかい
Need somebody to love, wouldn't you
愛する誰かを必要とはしないかい
Love somebody to love, you better
誰かを愛したいとは思わないかい
Find somebody to love
君は愛する者を見つけるべきなのさ

Your eyes, I say your eyes may look like his
ほら、君の瞳はもしかしたら彼の瞳とそっくりな色をしているかもね
Yeah, but in your head, baby, I'm afraid you don't know where it is
だけど頭のなかじゃ、君はそれがどこにあるか分かっちゃいないのさ
Don't you want somebody to love, don't you
愛せる誰かを見つけたいとは思わないかい
Need somebody to love, wouldn't you
愛する誰かを必要とはしないかい
Love somebody to love, you better
誰かを愛したいとは思わないかい
Find somebody to love
君は愛する者を見つけるべきなのさ

Tears are running down and down and down your breast
止めどなく溢れた涙が、君の胸を滑り落ちていく
And your friends, baby they treat you like a guest
友達はみな、まるで他人行儀に振る舞うだけ
Don't you want somebody to love, don't you
愛せる誰かを見つけたいとは思わないかい
Need somebody to love, wouldn't you
愛する誰かを必要とはしないかい
Love somebody to love, you better
誰かを愛したいとは思わないかい
Find somebody to love
君は愛する者を見つけるべきなのさ


Jefferson Airplaneの代表作として有名ですが、元々はThe Great Scienceという別バンドの曲だそうで。私もSongmeaningの歌詞ページを見るまでそもそもカバーだったというのを知りませんでした。

The Great Societyのメンバー、グレースの解説によると
「人々は自分の損得ばかり考えているけれど、実際には"与える"ことを重んじる方がより満足のいく生き方になりうるかもしれない。"与えられるよりは与える方が幸いである"という古い清教徒の教えに従う方が、より幸せになれるかもしれない。奉仕と無私無欲の概念というとまるで修道士のための退屈な課題のように聞こえるけれど、ダービーはこの歌詞のなかで愛他主義をそれほど高尚で不可能なことのようには描いていない。むしろ与えるという行為が、胸躍る体験にだってなり得るという印象を歌詞に持たせているの」とのこと。

(以下原文)
"Rather than the loving you're whining about getting or not getting, a more satisfying state of heart might be the loving you're 'giving'. Suggesting that adhering to the old Puritan cliche, 'It's better to give than to receive', might actually make you a happier person. The idea of service and selflessness may sound like a tedious task reserved for bald monks, but the way Darby wrote the lyrics, altruism didn't seem like such a lofty and unattainable state. He gave the impression that giving could even be an enjoyable adventure."

ただしJefferson Airplaneがこの曲をカバーした意図はまた別にあり、ブックレットによるとどうも当時発表されたビートルズの"I Wanna Hold Your Hand"に対するアンサーソングだったもよう。
グレース・スリックはBBCドキュメンタリーで「手を繋ぎたいんじゃなくて、ヤリたいだけでしょ!(of course you dont wanna hold her hand, you wanna dick her!)」という発言をしているそうです。つまり性欲盛りの男性に騙された女の子目線の歌、ということかな?まあ何にしろ面白い話ですね笑

Rogue Wave - Lake Michigan



Heaven is a switchboard that you want to fight
天国は配電盤で、君はそいつと戦いたがってる
She would even miss you if you taught her sight
その光景を見せてあげたなら、彼女はきっと君を恋しく思うだろう
Power politician leaning to the right
右傾化する権力政治家
Baby's got a trust fund
信託資金を得た赤ん坊
That she'll want to go off like that
そんなふうに彼女はいなくなってしまいたいんだ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ

Now we wear same-colored yellow uniforms
今、僕らはお揃いの黄色いユニフォームを身につける
Sky is burning
空が燃えているけれど
But at least we're warm
少なくともここは暖かいね
Go and run yourself a million miles
さあ、何千マイルも走って行け
Hoping that the colors run out
色の尽きることを祈って
And you go off like that
君はそんなふうにいなくなる
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ

You can never see yourself
自分を省みることのできない君は
Ringing all around it
そいつを知るために、片っ端から電話を掛ける
No one is on lake Michigan
ミシガン湖はもぬけの殻
You labored, lake Michigan
君は労働に勤しんだ ミシガン湖よ

Not another payoff
もう支払いはごめんだ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
You know it won't do
分かるだろ、無駄なことさ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ



映画「ライフ」のサントラを聴いて好きになりました。
ミシガン湖の汚染に関する歌だという意見もあれば、全然意味のない歌詞だという意見もあり・・・
ただなんとなく、独特の季節感が味わい深いと思います。

Junip - Don't Let It Pass



what's in your hand
君の手の中にあるもの
you're pinned down to routines
君はくだらない習慣に縛られている
elevate and leave
上昇して、旅立つんだ
a flickering screen
明滅するスクリーンを

where nothing is compromised
妥協も
nothing is lost
喪失もない場所
when everything is realised
全てが叶えられるとき
nothing is crossed
逆らう者などいない

but don't let it pass
だけど、どうか見過ごしてしまわないで
don't get locked in
どうか閉ざさないで
everything starts
あらゆることは
way from within
内側から始まるのだから

Revis - Look Right Through Me




I found out you were in a mess
お前が途方に暮れていると知って
You caught me playin songs for you
俺はお前のために歌をうたった

Lipstick stains on your ciggarettes
お前の煙草についた口紅の痕
You caught me playin songs for you
お前のために、俺は歌をうたった
And it’s bending my mind again
そして俺の心はまた引き寄せられるんだ

Interesting how you watch the night
おかしなものだね、夜を眺めていたお前は
And look right through me
俺のことなんか気づきもしなかった
Facing the sky
ただ空を見上げながら
When I ask you why
どうしてなんだって、尋ねても
You look right through me
俺がお前の目にうつることはないんだ

Climbed the fire to the hidaway
俺たちは火の手から逃れた
You caught me slipping on a thought
お前のために、俺は物思いに耽る
Practical in the things you say
お前の言葉はときに現実的で
You caught me slipping on a thought
お前のために、俺は物思いに耽る
And it’s bending my mind again
そして俺の心はまた引き寄せられるんだ

We get lucky and
俺たちは幸運を手にして
Turned around the space you got to find yourself
お前が必要とした居場所を、ひっくり返したんだ
We slip up when we haven’t found
俺たちは過ちを犯す
The space you got to find yourself
お前の居場所が見つからなくて

Amanda Palmer - Astronaut (A Short History Of Nearly Nothing)



Is it enough to have some love
愛だけでは駄目なのかしら
Small enough to slip inside a book.
本のページに挟んでおけるような
Small enough to cover with your hand
両手で覆えるぐらいの ささやかな愛では
Because everyone around you wants to look
だって、あなたの周りの誰もが興味を持っているのよ

Is it enough to have some love
愛だけでは駄目なのかしら
Small enough to fit inside the cracks
隙間を埋められるぐらいの、ささやかな愛では
The pieces don't fit together so good
欠片がうまくまとまらないの
With all the breaking and all the gluing back
壊れてはくっつけてを繰り返しすぎたせいで

And I am still not getting what I want
欲しいものは未だ手に入らなくて
I want to touch the back of your right arm
私はあなたの右腕の後ろに触れようとするだけ
I wish you could remind me who I was
あなたが私のあるべき姿を思い出させてくれたらいいのに
Because every day I'm a little further off
毎日、自分が分からなくなっていくの

But you are, my love, the astronaut
それでも私はあなたを愛しているわ
Flying in the face of science
あなたは科学に立ち向かって遊泳する私の宇宙飛行士
I will gladly stay an afterthought
私は心地よく追考に浸るから
Just bring back some nice reminders
どうか素敵な暗示を持ち帰ってきてね

And is it getting harder to pretend
これ以上、誤魔化すことはできないのかしら
That life goes on without you in the wake?
あなたのいない人生に満足したふりをして
And can you see the means without the end
結果の見えない努力を重ねる意味なんてあるのかしら
In the random frantic action that we take? (※1)
その場しのぎで血迷ったことばかりして

And is it getting easy not to care
無関心でいることに馴れてしまうのかしら
Despite the many rings around your name
あらゆる輪があなたの名前を取り囲んでいるのに
It isn't funny and it isn't fair
笑えないし、フェアじゃないわ
You've traveled all this way and it's the same
はるばるこんなところまでやって来たのに、何も変わっていないなんて

I would tell them anything to see you split the evening
あなたと午後を分かち合うためなら、どんな情報だって売るのに
But as you see I do not have an awful lot to tell
残念なことに私には大して語るだけの話もないの
Everybody's sick for something that they can find fascinating
誰もが魅力的なものを待ち焦がれている
Everyone but you and even you aren't feeling well
例外であるあなたでさえ、不幸を免れていないの
Yes you are, my love, the astronaut
そうよ、あなたこそ私の愛する人
Crashing in the name of science
科学の名の元に墜落していく宇宙飛行士さん
Just my luck they found your upper half
なんて不運かしら 彼らはあなたの上半身だけしか見つけられなかったけれど
It's a very nice reminder
それはとても素敵な暗示ね
It's a very nice reminder
それはとても素敵な暗示ね

And you may be acquainted with the night (※2)
あなたもこんな夜に馴染みがあるのかもしれないわね
But I have seen the darkness in the day
だけど昼間でさえ、私には暗闇が見えるの
And you must know it is a terrifying sight
その光景がいかに恐ろしいものであるか、あなたも知っておくべきだわ
Because you and I are living the same way
だって私達は同じ生き方をしているんだから



※1 "the random frantic action"というフレーズはビル・ブライソン著作の『人類が知っていること全ての短い歴史(現代:A Short History of Nearly Everything)』という、曲のタイトルの由来にもなった本からの引用。
※2 "you may be acquainted with the night"はロバート・フロストの詩の"I have been acquainted with the night."というフレーズをもじったもの

Amanda Palmer - Runs In The Family



my friend has problems with winter and autumn
私の友達は冬と秋がくるとおかしくなるの
they give him prescriptions they shine bright lights on him
処方箋をもらって、診察も受けたけど
they say its genetic they say he can't help it
彼らによると 遺伝によるものだから助けられないって
they say you can catch it but sometimes you're born with it
後天的に煩う人もいるけれど、彼の場合は生まれつきだって

my friend has blight he gets shakes in the night
私の友達には障害があって、夜になると身体が震えて止まらないの
and they say that there's no way that they could have caught it in
彼らは言う 治療は不可能だって
time takes its toll on him it is traditional
時間が彼の命を蝕む
it is inherited predisposition
それは代々受け継がれてきた性質

all day i've been wondering what is inside of me
一日中、この身体に巣くう病の正体を思う
who can i blame for it i say it runs in the family
誰を責めればいいの? そうだわ、全て遺伝のせいにしてしまいましょう

this family that carries me to such great lengths
この家族の血を受け継いだ身体は
to open my legs up to anyone who'll have me
求められれば誰にだって 足を開いてしまう
it runs in the family i come by it honestly
遺伝なのよ 生まれたときからこうなの
do what you want 'cos who knows it might fill me up
どうにでもしてよ もしかしたら、満たされるかもしれないでしょう

my friend's depressed she's a wreck she's a mess
私の友達は憂鬱で、精神が錯乱しているの
they've done all sorts of tests and they guess it has something
あらゆる検査をしてみた結果
to do with her grandmother's grandfather's grandmother
どうやら彼女のおばあさんのおじいさんのおばあさんが
civil war soldiers who badly infected her
内戦で受けた損傷が遺伝したんじゃないかって、彼らは言う

my friend has maladies rickets and allergies
私の友達が煩っている骨格異常とアレルギーは
that she dates back to the seventeenth century
どうも17世紀まで遡るものらしい
somehow she manages in her misery
彼女はなんとかして苦痛に耐えているけれど
strips in the city and shares all her best tricks with
ときに街で自分の身体を見世物にしては、とびきりの計画を私に話してくれるの

me well im well well i mean im in hell
私?そうね、元気よ 最低の気分だけど
well i still have my health at least thats what they tell me
身体は健康だし 少なくとも周りの人はそう言うわ
if wellness is this what in hells name is sickness
だけどこれを"健康"と呼ぶのなら、病って一体何なのかしら
but business is business and business runs in the family
何はともあれ生きていくために、代々受け継いできた仕事を受け入れなければならないし

we tend to bruise easily bad in the blood
私達はいとも簡単に悪い遺伝を引き継いでしまうものね
im telling you 'cos i just want you to know me
私のことを知って欲しいから あなたには教えてあげるわ
know me and my family we're wonderful folks
私と私の素晴らしい家族たちのことを
but don't get too close to me 'cos you might knock me up
だけど一線は引かなくては 妊娠は勘弁だわ

mary have mercy now look what i've done
マリアさま、どうか慈悲をお与え下さい 私は何ということをしてしまったのでしょう
but don't blame me because i can't tell where i come from
けれどどうぞ私を責めないで この病がどこからやって来たものなのか分からないのです
and running is something that we've always done well
これまで私達にできたのは、とにかく逃げることだけ
and mostly i can't even tell what im running from
そしてほとんどの場合、何から逃げているかさえ分からないのです

i run from their pity from responsibility
私は人々の同情から、責任から逃げるの
run from the country and run from the city
国から、そして町から逃げる
i can run from the law i can run from myself
法からも、自分自身からも逃げられるし
i can run for my life i can run into debt
命を守るために借金に逃げることもできる

i can run from it all i can run till im gone
私は全てから逃げて、永遠に走り続ける
i can run for the office and run from the cause
原因から目を背けて病院に逃げ
i can run using every last once of energy
力つきるまで走り続ける
i can not i can not i can not run from
だけどそれでも、逃がれられないものが一つある

my family they're hiding inside of me corpses on ice
家族の血 この身体の中に潜み、死んだ後にも残るもの
come in if you like but just don't tell my family
中へ入って だけど家族には内緒よ
they'd never forgive me they'll say that i'm crazy
バレたら許してはもらえないわ 彼らは私を狂人扱いするでしょうね
but they would say anything if it would shut me up
だけど、私を黙らせるためなら彼らは何でも言うのよ

Amanda Palmer & The Grand Theft Orchestra



Hearts on a string like an older-fashioned phone can
操られる心たちは まるでけたたましく鳴り響く
Bang ringy ring and you think you’re gonna get some
古めかしい電話みたい 起きてすぐあなたが考えるのは
Thing you can bring to a party at your wake not
パーティーで自慢できるような結果を手に入れることばかり
Thinking of the thing that you pay back when you take it
何かを奪うとき、伴う代償のことなんか
Take it
考えもしない

Like rats in a cage pushed the button got the shock trick
まるで電気ショックの罠にかかる実験用のマウスみたいね

Snickers in your bag
鞄の中のスニッカーに
Had your number but i lost it
貴方の電話番号が書いてあったけど、なくしちゃったみたい
Bets are all off you’re a lily-livered giver indie
何もかもパーだわ あなたは一度渡したプレゼントを取り戻そうとする臆病者
In the hidden costs you’re a sucker and you win
奪うことにばかりこだわる嫌なヤツ 目に見えないツケを支払って

It doesn’t matter if you want it back
取り戻そうとしたって、もうどうしようもないのよ
You’ve given it away
手放してしまったんだから
You’ve given it away
手放してしまったんだから
It doesn’t matter if you want it back
取り戻そうとしたって、もうどうしようもないのよ
You’ve given it away
手放してしまったんだから

He’s already on the outskirts
彼はとっくに崖っぷちにいて
I’m still pulling at his sweatshirt
それでも私は彼のシャツの裾を掴んでいる
He says fate is not a factor
彼は言う、運命なんかありはしないって
I’m in love with every actor
それでも私は、全ての役者を愛しているの

So
だから

Once when your gone and i wanna do it backwards
あなたがいなくなったら、もう一度やり直してみたいわ
Just like the song we’re addicted to the l-word
有名なあの歌みたいに、私達はいつも「愛」を探し求めて
Up past your head down your back around your ankles
過去を振り返り続けてる
Ready for attack you’re upstaged and then you’re strangled
立ち向かう覚悟はできてる 舞台の奥で、あなたは絞め殺されてしまうことでしょうね

Cringe like you’re cursed with your wrecking ball-y necklace
破壊のネックレスを首にかけて、あなたは呪文でもかけられたみたいに縮こまってる
I saw it first and i crushed it with my hamfist
初めてそいつを発見したとき 私はめちゃくちゃにしてやったわ
High for the contest who’s the better
コンテストの優勝争い 誰が勝つか
Not see
結果は読めない
Eye to eye to eye and now you’re blind and you can’t
目と目と目が合う これで貴方は盲目
Catch me
私を捕まえることもできない

Catch me
捕まえてみなさい
If you can
できるのなら

I will let you go if you will let somebody love you like i do…
あなたが誰かから愛を受け取るまで、逃がしてなんかあげないわ・・・
Like I do, like I do.
私のように貴方を愛する誰かを受け入れるまで

Revis - Places For Breathing



Look around you
見渡してみろよ
Do you see what you’ve got
お前が手に入れたものたちを
With something so beautiful
あまりにも美しくて
Afraid it would drop
お前は、それらが隙間からこぼれ落ちて
Into a thousand regrets
無数の後悔に変わってしまうんじゃないかって恐れてる

And i bet you were left there
どうせお前は取り残されたんだろう
It’s getting me down
うんざりさせられるよ
And I can’t understand
俺には理解できないんだ
Why everyone Stares when i crash at the landing
何故誰もが立ったまま
and around were they stand
墜落した俺をじろじろと見ているのか

Everyone talks again
みんな、また喋り始める

We try to say with confidence
俺たちは胸を張って言おうとする
That were picking up oblivion
俺たちは忘れられたものを取り戻そうとしているだけだって
And I was tryin to make some sense
そして俺は、状況を理解しようと努めて
Speaking to you
お前に語りかけていたんだ

We try to say with confidence
俺たちは胸を張って言おうとする
That were picking up oblivion
俺たちは忘れられたものを取り戻そうとしているだけだって
Inside of you
お前の中の忘れられたものを

All around you there’s a feeling you lost
失われた感情がお前を取り囲む
That everything beautiful
一度はあんなにも美しかったものたちも
Is not what it was
今や変わってしまった
Whenever you were on top
お前がてっぺんにいた頃とは、変わってしまったんだ

Of all you left up there
お前は一人きりで取り残されてしまった
It’s getting me down
引きずり下ろされて
To the place that I land that hits me so hard
地面に衝突した俺は、打ちのめされちまったんだ
With a cruel understanding
この残酷な現実に
That It might be the end
もしかしたらもう、お終いなのかもしれないって

I’ll bury myself into the corner
俺は日陰へと自らを葬る
I can’t even tell if I won’t see anymore
これ以上目を明けられるかどうかも、分からないんだ

Revis - Living Rooms



So what’s your purpose for me
お前はいったい
With your intentions in the air
俺をどうするつもりなんだろう
So what if I wanted to ask you
俺がもしお前に会いたいと言ったなら
If I could meet you there
お前はどうする?

Go inside I’m comming through
そこに居てくれ 今俺が向かうから
For you
お前を迎えに行くよ
I could not be more...gone
二度と離しはしない

We watched each other escape
俺たちは二人で
From the commotion that we knew
騒がしい世界から抜け出して行った
The way our lauguages fade
俺たちの荷物が
In through an empty living room
少しずつ、この空っぽのリビングルームを満たしていく

Go inside I’m comming through
そこに居てくれ 今俺が向かうから
Into our world that you surround
お前が包み込む、二人の世界へ

Show me now
教えてくれ
I’m here with you
今、俺たちは共にあることを
For you
お前のために
I could not be more...gone
もう離しはしない

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。