スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Years & Years - Ties



You tell me you like to burn a bridge
君は言う 自分から縁を切るのが君のやり方だと
That you always make mistakes like this
いつだってこんな風に同じ過ちを犯してしまうと
Are you having fun?
楽しんでるのかい?
I tell you I've got my secrets too
僕は言う 僕にも秘密があるんだ
I go hunting for someone like you
僕は君みたいな人間を追いかけるのが趣味なのさ
Are you having fun?
楽しんでるのかい?

Oh, tell me how did it feel?
なあ 教えてくれ どんな気分だ?
Did it all get too real for you?
今更怖じ気づいたのかい?
Everybody's screaming out your name
みんなが君の名前を叫んでる
Are you scared?
怖いのかい?
Cause I don't think you're worth it
君はそこまで価値のある人間じゃないからね

Ties, ties, ties, ties
しがらみ、しがらみ、しがらみ
Just wanna be the one you tie
ただ、君に繋がれたいだけなんだ

And you're a dancer, well I'm a spy
君はダンサーで、僕はさしずめスパイってところ
It's so beautiful to see you lie
嘘を吐く君は美しいよ
Are you having fun?
楽しんでるのかい?
And give it up, you don't need that stress
諦めておしまいよ そんなストレスは不要さ
You're still hungry for another test
まだ、新しいテストを待ち望んでいるんだろう
Are you having fun?
楽しんでるのかい?

Just another bite that takes it higher than before
更なる快楽を求めて また手を伸ばす
Did it make you feel good? Does he run away?
気は済んだ? それで彼は逃げていくのかい?
Does he fill the space? It feels like you don't care
彼が君の隙間を埋めてくれるのかい? まるでどうでもいいみたいだね

スポンサーサイト

Years & Years - Real



I broke my bones
僕は痛い目を見た
Playing games with you
君との戯れで
Tired by fun
遊び疲れて
It makes me blue
憂鬱な気持なんだ

Oh I, I think I’m into you
ああ どうやら僕は君に夢中みたいんだ
How much do you want it too?
君はどれほど僕を望んでくれているんだろう?
What are you prepared to do?
どこまでやる気でいるんだろう?
I think I’m gonna make it worse
僕はきっとしくじるだろう
I talk to you, but it don’t work
君に話しかるけれど うまくいかない
I touch you, but it starts to hurt
触れてみても 生まれるのは痛みばかり
What have I been doing wrong?
何を間違ったんだ?
Tell me what it is you want
教えてくれ 君の望みを
Tell me what it is you want
教えてくれ 君の望みを
Tell me what it is you
教えてくれ

Oh I think that If I had been enough for you
もし、今までの僕が君にとって"まあまあ"だとしたら
Would I be better?
それを越えられるかな?
Would I be good?
君を満足させられるかな?
And I'll do you what you like if you’ll stay the night
もし君が今晩僕と過ごしてくれるなら 君の望み通りにするよ
You tell me you don’t think you should
だけど君は そんなことしない方がいいって言う
You do it boy
ねえ やってみせてよ
Well love I will let you go
ああ、愛しい人 僕は君を行かせてしまうだろう
Love I will let you go
愛しい人 行かせてしまうだろう
Love I will let you go
愛しい人 行かせてしまうだろう
Love I will let you go
愛しい人 行かせてしまうだろう
Oh it’s enough to feel better
ましな気持ちになれるだけで、僕は満足なのに
If I could
それさえ叶わない

I itch all night
僕は一晩中歯がゆい気分でいる
I itch for you
君が欲しくてたまらないんだ
You’re just my type
君はまさにぼくのタイプ
What’s a boy to do?
どうすべきだろう?

Disclosure - Willing and Able feat. Kwabs



Don't say you want me, don't say you need me
僕を欲しいだなんて 僕が必要だなんて言わないでいい
If you ain't ready, turn around
もしもまだ覚悟ができていないなら ただ背を向けてくれ
Willing and able, cards on the table
僕には必要な意志も能力も備わっているよ 隠し事だってない
And I believe in what we've found
二人が発見したものを信じているのさ

If we can't trust the love in us
もしも僕らが二人の愛を信じられないのなら
There'll be no looking back, no looking back, no
今日という日を振り返ることもないだろう
If there's enough, in stuff we touch
もしも僕らが、すでにどこか飽きを感じているなら
There'll be no looking back, no looking back, no
今日を振り返ることもないだろう

If we're falling in love, we're falling in love
けれどもしもこれが恋なら
There'll be nothing above
それ以上素晴らしいことはないさ
And I won't give you up, no I won't give you up
そして僕は君を絶対に諦めたりしない
If we're falling in love
もしもこれが恋なら
If we're falling in love, we're falling in love
もしもこれが恋なら
There'll be nothing above
それ以上素晴らしいことはないさ
And I won't give you up, no I won't give you up
そして僕は君を絶対に諦めたりしない
If we're falling in love
もしもこれが恋なら

If you don't feel it, the same as me
もしも君が同じ気持ちでいないなら
Speak now or hold your peace
今すぐに教えてくれ それか、ただ沈黙していてくれ
If you don't see it, the way I see
もしも君に 僕の見ているものが見えないならば
Then it was never meant to be
そういう定めじゃなかったってことさ

If I'm gonna fall in, I'm gonna fall my all in
もしもこれが恋ならば 僕は自分の全てを賭けてみせるよ

Disclosure - Omen feat. Sam Smith



I'm feeling something, something different
こんな気持ちは初めてだ
When you left, my picture changed
君がいなくなって、僕の世界は変わってしまった
I was blinded, I'd not envisioned
目の前が真っ暗になって 思い描くことすらできない
The same face in a different frame
違う場所で、また君と出会う未来を

It's an omen, caught my baby crying
それは前兆さ 盗み見た君の涙に
Saw the silver lining
希望の光を見出したんだ
It must be an omen
それは前兆に違いないんだ
Needed you to show me, without you I am lonely
君に教えて欲しかったんだ 君無しでは、僕は孤独だ

My mind would rule my heart
僕は理性で感情を抑えつけて
I didn't pay attention to the light in the dark
暗闇の中の光に目を向けようとすらしなかった
It left me torn apart
僕は心引き裂かれていたけれど
But now I see your tears as an omen
今、君の涙に兆しを見出したんだ

You were waiting, I was vacant
待っていた君 予定もなかった僕
You left before my eyes
僕の目の前で、君は去って行った
Then it hit me, you're relocating
そのとき分かったんだ 君は環境を変えようとしていたんだって
And I need you by my side
だけど僕には君が必要なんだ

Remy Zero - Resurrection



You are always cursed when she comes around
彼女のせいで僕はいつだってひどい有様だ
That's your excuse, you keep looking down
そうやって君は言い訳しながら 下を向きつづける
Had you ever let the fear in you
君は自分自身の恐怖に
Take you over, keep you twisted up, confused?
支配され、弄ばれ、困惑したことはあるかい?
How could you let them get to you?
どうして、君はこんなことに惑わされてしまうんだ?

You could change this world
君には変えることができるのに
To an amazing, 'mazing world
この迷路のような世界を、素晴らしい場所へと

(Chorus)
If you could just recognize your worth
ただ自分自身の価値に気づきさえすれば
You could have anything on earth
君はこの地球のどんなものだって手に入れることができるのに
If you could just see yourself inside
ただ内なる自分を見ることさえできれば
You're fine and everything's alright
それだけで君は大丈夫なのに 何もかもうまくいくのに
See how it all works in reverse?
何もかもが、その反対になってしまっているだろう?
If you could just recognize your worth
ただ自分の価値に気づきさえすれば
You could have anything on earth
君はこの地球のどんなものだって手に入れられるんだ

Always get so cold when he's standing near
彼が傍に経つと、君はいつだって寒気に襲われる
Then you always bitch when he disappears
そして彼がいなくなった途端、必ず文句を言うのさ
Had you ever let the fear in you
君は自分自身の恐怖に
Take you over, keep you twisted up, confused?
支配され、弄ばれ、困惑したことはあるかい?
How could you let them get to you?
どうして、君はこんなことに惑わされてしまうんだ?

(Bridge)
I want you to know this
君に伝えたいことがある
I've been where you are now
かつては僕も今の君のようだったんだ
I want you to notice this
君に気づいてほしいんだ
We'll get you there somehow
僕らがなんとかして、君を辿り着かせてみせるよ

And it's okay
大丈夫だよ
It's okay
大丈夫だから
I will get you there somehow
僕がなんとかして、君を辿り着かせてみせるよ



Out/Inと同じく始めて聞いたときにぎょっとするほど私のその時の気分とぴったりで、陳腐な言い方だけど本当に私のために書かれた曲かと思いました。

手に入れたいものだとか、人生で辿り着きたい場所、なりたい人間といった目標は極めてはっきりしているのだけど、どうやったら実現できるのか、どこから手を付けて良いのか、そもそも自分にそんなことができるのか全く持って自信がない。
世の中には偉業を成し遂げる人々もいるけれど、自分はそういう人達とは違って根本的に無価値で、無能な人間なのではないかと、ついつい思ってしまう。

けれど能力があるから出来るというのではきっとないのですよね。
根拠のない自己肯定感というのが人には絶対的に必要で、例えばそれが「信じる力」だとか「努力」と呼ばれるものの源にもなるんでしょう。
自分を信じるってことが、一番難しい。
逆にそれさえできれば後のことは大体どうにでもなるような気もする。
生きる力の源となるのは、この世の中で獲得するようなものではなく、生まれつき全ての人間に潜在的に備わっていて、どちらかといえば色々な不要なものを捨てていった矢先、最終的に手元に残ったものがそれであるのかなと思います。

Remy Zeroのように独自のスタイルを貫いたバンドの歌詞だからこそ、なおのこと胸に響く。
お世辞にもバンドとして売れまくったわけではないけど、解散してからこれだけ長い時間が経ったあと、
こんなにも遠く離れた国に澄む私が彼らの曲に元気づけられて、明日も一生懸命生きようという気になっている。
その事実そのものがこの歌詞を体現しているようで、また心打たれたり。

タイトルの「Resurrection」とは復活、蘇りといった意味の言葉。
キリスト教でキリストの復活を意味する言葉でもあります。

Aqualung feat. Lianne La Havas - Eggshells



Big black crows
黒くて大きなカラスたち
They're back here again
やつらがまた舞い戻ってきた
They're pecking the ground, the ground, the ground
地中を突いている
in the dead backyard
枯れた裏庭の中で
Big black crows
黒くて大きなカラスたち
with turning black eyes
大きな目玉をギョロギョロさせて
How're we gonna make you stay away, stay away, stay away
どうやったらやつらを追い払えるんだろう?
this time?
今度こそ
Underneath the eggshells, eggshells
卵の殻の下に
underneath the eggshells, eggshells
卵の殻の下に
guess what I guess what I found?
僕が何を見つけたと思う?
Guess what I found?
何を見つけたと思う?
Solid ground
固い地面さ
Solid ground
固い地面さ
Solid ground
固い地面さ

Big black clouds
黒くて大きなカラスたち
come back here again
やつらがまた舞い戻ってきた
Just hanging around and around and around
そこら中を飛び回る
But I can't see your face no more
だけど、あなたの顔がもう思い出せないの
Underneath the eggshells, eggshells,
卵の殻の下に
underneath the eggshells, eggshells,
卵の殻の下に
guess what I, guess what I found?
私が何を見つけたと思う?
Underneath the eggshells,
卵の殻の下に
underneath the eggshells, eggshells,
卵の殻の下に
guess what I, guess what I found?
私が何を見つけたと思う?
Solid ground
固い地面よ
Solid ground
固い地面よ
Solid ground
固い地面よ

Tool - Stinkfist

Something has to change.
何かが変わらなければならない
Un-deniable dilemma.
まぎれもないジレンマ
Boredom's not a burden
退屈は、誰もが堪え忍ぶべき
Anyone should bear.
重荷ではない
Constant over stimulation numbs me
絶え間ない刺激が僕を麻痺させる
And I wouldn't have
駄目なんだ
It any other way.
これ以外の方法では
It's not enough.
まだまだ足りない
I need more.
もっと必要だ
Nothing seems to satisfy.
何も僕を満足させられない
I don't want it.
欲しているわけじゃない
I just need it.
ただ必要なんだ
To breathe, to feel, to know I'm alive.
息をするために、感じるために、自分が生きていると知るために
Finger deep within the borderline.
指先が境界線を越えて潜り込む
Show me that you love me and that we belong together.
君の僕への愛を見せて、僕らが一つであることを示してくれ
Relax, turn around and take my hand.
力を抜いて、後ろを向いて 僕の手を繋いで
I can help you change
僕なら助けてあげられる
Tired moments into pleasure.
君がくたびれた一瞬一瞬を、悦びへと変えるのを
Say the word and we'll be
あの言葉を口にして、そうすれば
Well upon our way.
僕らはすぐにも行けるから
Blend and balance
調和と均衡
Pain and comfort
痛みと慰め
Deep within you
君の奥深く
Till you will not want me any other way.
これだけが、君が僕を望む唯一の方法となるまで

Knuckle deep inside the borderline.
小節が境界線を越えて潜り込む
This may hurt a little but it's something you'll get used to.
少し痛むかもしれないけれど、じきに馴れるよ
Relax. Slip away.
力を抜いて 静かに立ち去ってくれ
Something kinda sad about
どこか悲しいものだね
The way that things have come to be.
物事の成り行きというものは
Desensitized to everything.
あらゆることに鈍感になっていく
What became of subtlety?
繊細さはどうなってしまったのか?
How can it mean anything to me
そいつが僕にとって何を意味しうるっていうんだろう
If I really don't feel anything at all?
もし僕が本当に何も感じないのだとしたら
I'll keep digging till
僕は掘り進み続ける
I feel something.
手応えを感じるまで
Elbow deep inside the borderline.
肘が境界線を越えて潜り込む
Show me that you love me and that we belong together.
僕に君の愛を見せて、僕らが一つであることを示してくれ
Shoulder deep within the borderline.
肩が境界線を越えて潜り込む
Relax. Turn around and take my hand.
力を抜いて 後ろを向いて、僕の手を握るんだ

Foo Fighters - Something From Nothing



Give me the flammable light
可燃性の明かりをくれ
I'm cold as a match, ready to strike
おれはマッチのように冷え切っていて、火花を出そうと待ち構えている
So here I go
さあ、行くぜ

Here lies a city on fire
街が燃え上がる
Singing along
声を上げて歌う
The arsonist choir
放火犯の聖歌隊
Now here I go
今、俺はいくぜ

It's started with a spark
それはほんの火の粉から始まって
And burn into the dark
しまいには暗闇に焼き付いた
Now here I go
さあ、今俺はいくぜ
※1

There is a river I've found
俺は川を見つけたんだ
Into the wild
野生へと流れる川を
Under the ground
地中の中
So here I go
だから、俺はいくぜ
※2

A button on a string
紐で繋がれたボタン
And I heard everything
そして俺は全て耳にしたのさ
Now here I go
今、いくぜ
※3

Oh sweet ignition be my fuse
愛しい点火装置よ、俺の導火線となってくれ
You have no choice you have to choose
選択肢はない、けれど選ばなければならないんだ
Bid farewell to yesterday
昨日に訣別を
Say goodbye I'm on my way
別れを告げるんだ 俺は先へと突き進む

But in the end we all
だけど結局俺たちはみんな
Come from what's come before
以前にもあったものから、来ているんだ
So here I go
だから俺はいくぜ

I threw it all away because
俺はそんなもの全部捨てちまったぜ
I had to be what never was
俺はこれまでにはないものにならなきゃならなかった
Been so hungry I could lie
嘘すらついちまいそうなぐらい、腹が減ってるんだ
Took my word, I took your wine
俺は自分の言葉を信じて お前のワインを飲み干した

And held you in my bloody hands
俺はお前を血で濡れた両手の中に抱き締めた
These rattled bones and rubber bands※4
ばらばらになっちまいそうな骨と、ゴムバンドを
Washed them in the muddy water※5
泥臭い水で洗い流して
Looking for a dime and found a quarter※6
10ドルを探し求めて見つけたのは、25セントさ

But you can't make me change my name
だけど、お前は俺に違う名前を名乗らせることなんてできない
They'll never make me change my name※7
誰にもこの名前は変えさせない
Pay no mind now ain't that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか?
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は、無から生まれたのさ

I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線
I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線

It goes oh, oh, oh
ほら、いくぜ
Oh, oh, oh
Oh, oh, oh
All rise!※8
全員立ちあがれ!

No you can't make me change my name
お前は俺に違う人間を名乗らせたりできない
You'll never make me change my name
お前のために名前を変えたりなんかしない
Pay no mind no wait that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は無から生まれたんだ

I'm something
俺は名を上げたんだ
From nothing
無から生まれて


今作はデイブ・グロール監督の音楽ドキュメンタリー番組Sonic Highwaysの収録と並行してオースティン、シカゴ、ナッシュヴィル、メンフィス、ニューオーリンズ、シアトル、ワシントンDC、ニューヨークの計8都市でレコーディングされたそうな。
各都市をテーマにした収録曲にはその都市を代表するミュージシャンがゲスト参加しており、シカゴでレコーディングされたSomething From Nothingにはチープ・トリックのリック・ニールセンが参加している。
曲の内容は、ブルースギタリスト・バディ・ガイを始めとする、シカゴでゼロからキャリアをスタートさせて名を上げた(Something from nothing)ミュージシャンたちを歌ったもの。

以下、全てFoo Archive Newsより参照しました。

※1 シカゴ発のパンク・クラブ La Mere Vipere が不審火でオープン一年以内に閉店したことに関する。街に始めてできた他の沢山のクラブが同じような運命を辿った

※2 シカゴを156マイルに笑って流れるシカゴ川のこと。この曲が録音されたElectrical Audioのスタジオに隣接する

※3 バディ・ガイは彼自身の初めての楽器をワイヤー、くぎ、玄関網戸だけで作ったという。Sonic Highwaysのエピソードで、本人が「ボタンと紐(button and string)から音を生み出した」と語っている。

※4 ゴムバンドもまたバディ・ガイが音楽を生み出すのにつかった道具の一つ

※5 シカゴで活躍したブルース・レジェンド、マディ・ウォーターズへの言及

※6 バディ・ガイのインタビューからの引用

※7 レコーディング参加しているリック・ニールセンのThe Grim Reapers含め、過去に様々のバンドがキャリア初期にバンド名変更を強いられそうになったことに関する

※8 "All Rise"はシカゴのポスト・ハードコアバンドで、デイブがThe Chubby Bearで始めてギグに行ったネイキッド・レイガンの1985年リリースのアルバムタイトル。彼らの"Home of The Brave"という曲に"oh, oh, oh, ohs"というSomething From Nothingと同様のコーラスがある

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。