FC2ブログ

Burning Airlines - I Sold Myself In

A 2 pm morning
午前2時
I'm greeting the end of meaning.
俺は意味の終わりを受け入れる
Open my mind just a crack,
ほんの少しだけ心を開き
and look what crawls in
何が入り込んでくるか覗いてみる
Now I'm trying to keep my head above your dead pool, deep end
俺は今お前の死んだプールの一番深くから顔を出そうとしてる

I sold myself in
俺は自分を売り込んだ
in on the joke of the spin
その偏見に満ちた冗談の意味がわかってた
But this burned-in cynical grins
だけど焼き付いていたシニカルな笑いが
fading again
また消えていくんだ

Turning the hooks to catch nothing
得るものもなくフックを回し
I'm let off
俺は解放される
You live in your head and love no-one at all
お前は自分の頭の中だけで生きて 誰も愛していないんだ
Spotlit marks for your self-styled comic book
スポットライトがお前の自称する漫画に印をつける
sharpshooters blind spots before
狙撃兵 目前の盲点

Peeling those tired eyes
疲れた瞳を見張る
to steal and refine some sleek pitch line.
なめらかなピッチ線を盗み、精製するために
Wide of the mark, pressed to define
見当違い 明確にするために圧力をかけられる
Connect the dots,
点と点を繋げ
line by line.
一本ずつ

スポンサーサイト

Jawbox - Mirroful



Blue-eyed bloody lullaby
無邪気な子守唄
Less a lesson than an alibi
教訓をアリバイより減らせ
Shot from only one side
片側だけ撃たれちまってる
Sanitize then canonize
消毒して聖人に仕立てあげろ

Annex and index
添付と索引
Mirror too-perfect
完璧すぎる鏡

Histories
歴史たち
I don't believe
俺は信じない
I don't believe
俺は信じない
I don't believe
俺は信じない

Listened every day 'til 3
毎日3時まで俺は聞いていた
I'm the bitter beneficiary
俺は苦難の聖職者
Illustrate the story
この物語を説明しろ
Advertise your dignity
自分の尊厳を喧伝しろ

Grains of sand
一握りの砂つぶが
To mirror glass
ガラスを映し出す
Righteousness
公平が
Blazes back
燃え盛り返す
Twist the past
過去を捻じ曲げて
And reward the arrogance
高慢に報いろ


こちらのJ.Robbinsのインタビューより。

The other thing is for me, lyrically, a lot of what Jawbox did was sort of word salad, and this record has more attempts to write coherently about specific topics, even though it might not seem like it. “Mirrorful” was basically trying to talk about my memory of my education, about history, and about how it’s slanted, how it’s propaganda—the history that you’re taught in school. But trying not to do it in this real badgering, obvious way. Some songs, I would just like be desperate to sing something and just bash words together until I could wrap a meaning around them, but this one, it actually was supposed to mean something. I mean that’s pretty straight up: “I don’t believe, I don’t believe.

もう一点、歌詞の観点からいうと、Jawboxの曲の多くは言葉のサラダみたいなものだったけど、このアルバム("Jawbox")では特定の話題についてもっと一貫性を持って書こうとしたんだ、そんな風には見えないかもしれないけどね。"Mirrorful"は基本的に僕の教育に関する記憶、歴史の科目、その偏向性、プロパガンダについて・・・学校で教わる歴史について歌ってる。だけど、分かりやすい言い方をしてしつこくなりすぎないようにしたんだ。いくつかの曲に関しては、僕はただ何かについて歌って、何かしらの意味をまとうまで、まとまった言葉を言いまくってただけなんだけど、この曲に関しては実際に意味をこめてあった。すごくストレートな歌詞だ。「俺は信じない、俺は信じない」

Jawbox - Green Glass



Daylight,
日の光
Unwelcome eye on your underground
望まれない瞳が君の地下を覗く
Green glass
鮮やかな芝生
Roads over that uneven ground
隆起した地面を走る道

Shut out reasons that make an uneasy mind
心をかき乱す理由を追い出せ
Hold out for your sweet new valentine
君だけの新たな特別な人に手を伸ばすんだ

If it’s a number you want
数字が君の望みだとしたら
Could be already assigned
とっくに与えられているだろうに
And if it’s a number you want
数字が君の望みなら
Why can’t you take it?
どうして君はそいつを手に入れられないんだ?

Bright eyes,
眩しい瞳
You’ll lose your shine in one more round
もう一発で君は輝きを失うだろう
Green glass
鮮やかな芝生
Refracts the light and draws you down
光を屈折させて、君を引き摺り下ろす