FC2ブログ

Rob Crow - Light On



Never sleep without the lights on.
電気なしでは決して眠らない
Barely breathe. Jacket to cry on.
ほとんど息ができない 顔を埋めて泣くためのジャケット

Sometimes a dream. Rancid air moves in waves.
時には夢 波の中で動く悪臭
Almost peaceful some ways.
ほぼ平穏な幾つかの方法

Some people like things just as they are.
ある人々はありのままのものを好み
Some people don't seem to ever get enough.
ある人々はいつまでも満足することなく

That sound.
あの音
Hazy.
霞んでいる
Drives me crazy.
頭がおかしくなりそうだ

スポンサーサイト



Rob Crow - Paper Doll Parts



I don't know nothing from nothing.
僕は知らない 無からは無しか生まれない
I just keep falling asleep in the rain.
僕はただ雨の中で眠りに落ち続ける
Lie down like the floor is made of curtain,
まるでこの床がカーテンでできているみたいに寝そべる
and the planes fly by just to crash in your yard.
飛行機がそばを飛び去って君の庭に墜落する

Don't look at the sky, you can burn your face.
空を見るな 顔が燃えてしまうかもしれない
You can lose your voice if you name this place.
この場所に名前をつけたら 君は声を失ってしまうかもしれない
There's a glint to the eye that stares into space,
空を見つめる瞳に閃光が灯る
like a paper doll torn in either case.
どちらにしても引き裂かれてしまう紙人形のように

I don't know nothing from nothing.
僕は知らない 無からは無しか生まれない
I've just been barely awake for days.
ここ数日、僕はほとんど眠っていたんだ

Why now, that your breath is barely moving,
どうして今 君の呼吸がほとんど止まりかけているこのときに
when your pulse is hardly beating, do you try so hard?
君の鼓動がほとんど止まりかけているこのときに 君はそんなに頑張るんだ?
Down you fall. Say, man...
君は落ちていく あのね・・・

Fine, now, is it really all that certain?
いいさ それで今 そいつは全部本当にそんなに確かなことなのか?
Can you really trust your burden? Is it all just a farce?
君は本当に自分の重荷を信じられるのかい? それは何もかもただの茶番なのか?

Deluded in time, like a thought displaced,
やがて欺かれていく ずらされた思考のように
like a dormant noise in an aimless maze.
目的のない迷路の中の、眠った雑音のように
A tap in your spine that's stored in disgrace,
不名誉の中に保存された、君の脊髄へのひと叩きが
that declares itself when you claim this phrase.
君がこのフレーズを主張するとき、自分自身を宣言する

I know who you are.
君が誰だか知ってるよ
I know what you're up to when you say these things out loud.
君がこんなことを大声で言う時、君が何をするつもりなのか知ってるよ
I refuse to hide. I never go under.
僕は隠れたりなんかしない 僕は絶対に屈したりしない
I just laugh and close my eyes.
僕はただ笑って目を瞑るだけ

Rob Crow - Red Alone



It's been a while. It's kinda muddled
しばらくぶりだ なんだかごちゃごちゃしてる
There was a blast, and I'm thinking
爆風があった そして僕は考えてる
"Oh my God, there's a penny!"
「なんてことだ!ペニー硬貨がある!」
"And there's another!"
「そこにもう一枚!」
"There's a pile of change!!!"
「山ほどの変化がある!」

I've been absorbed and now I'm racing by your house.
僕はずっと夢中になってた そして今僕は君の家のそばを走り回ってる
I'm too obscured to be seen just by the naked eye alone.
僕は覆い隠されて 肉眼でだけは見ることができない
Calloused, injured, surreal, ignored by just the dream.
こわばって、傷つけられて、シュールで、ただ夢にだけは見放されてる
To heal before the wound is cleared.
傷跡が消えてしまうに癒すために
A life in shame of your belief.
君の信条という恥の中の人生

Kids on the outside wave.
外側の波に乗った子供たち
Breathe on the glass and draw with a finger.
ガラスに息を吹きかけ、指で線を描く
Maybe it's just a normal day.
多分、それはなんでもない日
Pick up a brick, smash windows and make you fly.
拾ったレンガを窓ガラスに投げつけて君を空へ飛ばすんだ

Hey, think of a number, write it on paper
なあ 頭に数字をひとつ思い浮かべて、紙に書いてごらん
wrap it around your handlebars
そしてそいつを君のハンドルに巻きつけるんだ
This is a memory constructed to make you cry.
これは君を泣かせるために建設された記憶だ

It's on the fly. Can't fake another.
そいつは飛行中 もう一発ごまかすことはできない
Fill up the glass, I'm shaking.
ガラスを満たしてくれ 僕は震えてる
Oh my God, that's a memory.
ああ神様 それは記憶だ
And that's another.
あそこにも別の記憶がある
And here comes the shame.
そして今羞恥が襲う

And I pretend that I don't mind, but I am full
どうでもいいようなふりをしてるけど、僕はもういっぱいいっぱいだ
And I remember things that make me rip my eyes out of my skull
僕は思い出す 両目を頭蓋骨から引きずり出したくなるような記憶を
And I divine the things that I can't handle
僕は予知する 僕の手に負えないようなことがくるだろう
No epithet can set beside this angle of angels.
どんな形容辞も天使たちのこの角度と比べることはできない

I've been absorbed and now I'm racing by your house.
僕はずっと夢中になってた そして今君の家のそばを走り回ってる
I'm too obscured to be seen just by the naked eye alone.
僕は覆い隠されて 肉眼でだけは見ることができない

Who are you supposed to save?
君は誰を救うはずなんだ?
Is this an exercise in absorption?
これは吸収の訓練なのか?

How far will you go to avoid their name?
彼らの名前を避けるために、君はどこまでやるつもりなんだ?

Rob Crow - This Distance



Day came too soon
日はあまりにも早く来た
Found out in this dream
この夢の中で発覚したんだ
Father of the downturned carries us all
俯いた人々の父親が僕ら全員を連れて行く
They love the feud
彼らは確執を愛してる
Carol of the doomed
破滅した人々の聖歌
Patter of the dismayed carries us all
落胆した人々の足音が僕ら全員を連れて行ってくれる
When did it leave?
そいつらはいつ旅立ったんだ?
When did all go?
みんなはいつ行ったんだ?
Right then
その瞬間
Right there
その場で
Where did all this go?
これらは全てどこに行ったんだ?
Falling from view
視界から転がり落ちて
It lands too far
そいつはあまりに遠くへ着陸した
Fell asleep, our clothes were soaked in rain
眠りに落ちて、僕らの服は雨でびしょ濡れになってしまった
When you we wake up, they're dry enough again
君が、僕らが目覚めたとき、彼らは再びすっかり乾いていた
Daylight taken for granted
当たり前のものと思われた日の光
It's a novel concept for you
それは君にとって奇抜なコンセプト
Wading through these days til you're just forgotten
自分自身が忘れられるまで君は日々をかき分けて進む
I still find time to miss you
僕はまだ君を思い出す時間をつくってる
What more do you think you'll get around to?
君はどんなことをする時間をもっと持つと思う?
That's the furthest distance you'll ever go?
それが君の行ける最も遠い距離なのか?
Or are you content?
それとも君は満足してるのか?
Or are you content right here?
君はそこで満足してるのか?
Right now?
たった今?
Throw it all in
全て投げ入れろ