スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foo Fighters - Something From Nothing



Give me the flammable light
可燃性の明かりをくれ
I'm cold as a match, ready to strike
おれはマッチのように冷え切っていて、火花を出そうと待ち構えている
So here I go
さあ、行くぜ

Here lies a city on fire
街が燃え上がる
Singing along
声を上げて歌う
The arsonist choir
放火犯の聖歌隊
Now here I go
今、俺はいくぜ

It's started with a spark
それはほんの火の粉から始まって
And burn into the dark
しまいには暗闇に焼き付いた
Now here I go
さあ、今俺はいくぜ
※1

There is a river I've found
俺は川を見つけたんだ
Into the wild
野生へと流れる川を
Under the ground
地中の中
So here I go
だから、俺はいくぜ
※2

A button on a string
紐で繋がれたボタン
And I heard everything
そして俺は全て耳にしたのさ
Now here I go
今、いくぜ
※3

Oh sweet ignition be my fuse
愛しい点火装置よ、俺の導火線となってくれ
You have no choice you have to choose
選択肢はない、けれど選ばなければならないんだ
Bid farewell to yesterday
昨日に訣別を
Say goodbye I'm on my way
別れを告げるんだ 俺は先へと突き進む

But in the end we all
だけど結局俺たちはみんな
Come from what's come before
以前にもあったものから、来ているんだ
So here I go
だから俺はいくぜ

I threw it all away because
俺はそんなもの全部捨てちまったぜ
I had to be what never was
俺はこれまでにはないものにならなきゃならなかった
Been so hungry I could lie
嘘すらついちまいそうなぐらい、腹が減ってるんだ
Took my word, I took your wine
俺は自分の言葉を信じて お前のワインを飲み干した

And held you in my bloody hands
俺はお前を血で濡れた両手の中に抱き締めた
These rattled bones and rubber bands※4
ばらばらになっちまいそうな骨と、ゴムバンドを
Washed them in the muddy water※5
泥臭い水で洗い流して
Looking for a dime and found a quarter※6
10ドルを探し求めて見つけたのは、25セントさ

But you can't make me change my name
だけど、お前は俺に違う名前を名乗らせることなんてできない
They'll never make me change my name※7
誰にもこの名前は変えさせない
Pay no mind now ain't that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか?
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は、無から生まれたのさ

I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線
I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線

It goes oh, oh, oh
ほら、いくぜ
Oh, oh, oh
Oh, oh, oh
All rise!※8
全員立ちあがれ!

No you can't make me change my name
お前は俺に違う人間を名乗らせたりできない
You'll never make me change my name
お前のために名前を変えたりなんかしない
Pay no mind no wait that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は無から生まれたんだ

I'm something
俺は名を上げたんだ
From nothing
無から生まれて


今作はデイブ・グロール監督の音楽ドキュメンタリー番組Sonic Highwaysの収録と並行してオースティン、シカゴ、ナッシュヴィル、メンフィス、ニューオーリンズ、シアトル、ワシントンDC、ニューヨークの計8都市でレコーディングされたそうな。
各都市をテーマにした収録曲にはその都市を代表するミュージシャンがゲスト参加しており、シカゴでレコーディングされたSomething From Nothingにはチープ・トリックのリック・ニールセンが参加している。
曲の内容は、ブルースギタリスト・バディ・ガイを始めとする、シカゴでゼロからキャリアをスタートさせて名を上げた(Something from nothing)ミュージシャンたちを歌ったもの。

以下、全てFoo Archive Newsより参照しました。

※1 シカゴ発のパンク・クラブ La Mere Vipere が不審火でオープン一年以内に閉店したことに関する。街に始めてできた他の沢山のクラブが同じような運命を辿った

※2 シカゴを156マイルに笑って流れるシカゴ川のこと。この曲が録音されたElectrical Audioのスタジオに隣接する

※3 バディ・ガイは彼自身の初めての楽器をワイヤー、くぎ、玄関網戸だけで作ったという。Sonic Highwaysのエピソードで、本人が「ボタンと紐(button and string)から音を生み出した」と語っている。

※4 ゴムバンドもまたバディ・ガイが音楽を生み出すのにつかった道具の一つ

※5 シカゴで活躍したブルース・レジェンド、マディ・ウォーターズへの言及

※6 バディ・ガイのインタビューからの引用

※7 レコーディング参加しているリック・ニールセンのThe Grim Reapers含め、過去に様々のバンドがキャリア初期にバンド名変更を強いられそうになったことに関する

※8 "All Rise"はシカゴのポスト・ハードコアバンドで、デイブがThe Chubby Bearで始めてギグに行ったネイキッド・レイガンの1985年リリースのアルバムタイトル。彼らの"Home of The Brave"という曲に"oh, oh, oh, ohs"というSomething From Nothingと同様のコーラスがある

スポンサーサイト

トラックバック

http://luvtetsuo.blog.fc2.com/tb.php/256-b8000723

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。