スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun Kil Moon - Carry Me, Ohio



Sorry that
ごめんね
I could never love you back
君の愛に報いることができなくて
I could never care enough
十分に思いやってあげられなくて
In these last days
さようならをする前に

Her tears
彼女の涙が
Fell on her pages found me out
本のページを濡らす 僕は心を見抜かれて
On her words I don't know what
彼女の言葉に、何と言って良いのか
To do or say
どうすればいいのか分からなかった

Wading through
水をかき分けて突き進む
Warm canals and pools clear blue
温かい用水路、澄み渡ったプール
The Tuscaroras flows into
イロクォイのインディアン達が
The prairie land
草原地へ流れ込む

Riding back
乗り戻す
To where the highway met
高速道路と
Dead end tracks
行き止まりの道が交差するところへ
The ground is now cement and glass
地面は今や、コンクリートと硝子で固められて
And far away
遙か彼方

Heal her soul, carry her, my angel, Ohio
彼女の魂を癒して、僕の天使を連れていってくれ、オハイオよ

Lingering in
思い出の中に留まり続ける
What about the sweetness we knew
かつて二人の間にあった美しいもの
What about what's good what's true
素晴らしいもの、本当のものはどうなってしまうんだろう
From those days
あの頃手に入れた

Can't count to
これまでだって
All the lovers I've burned through
数多くの恋に身を焦がしたのに
So why do I still burn for you
どうして、君だけ忘れられないのか
I cannot say
分からないんだ

Children blush
子供達が顔を赤らめて
And gather round the home she rests
彼女がくつろぐ家の周りへ集まる
So poor and gold with their Midwest
荒れ果てて、黄金に輝く
Moon and sun
中西部の月と太陽と共に

Flashes bringing on
閃光が呼び覚ます
My open eyes the lightning storm
見開かれた僕の目、雷雨
The tortured mist felt soft, felt warm
苦悶の霧雨が柔らかく、温かく感じられた
On my face
僕の顔に触れて

Craving dreams
渇望する夢
A million miles ago you see
100万マイル昔に、君が見た
And the star that I just don't see
僕には見えない星
Anymore
今はもう

Words long gone
言葉はもう長いこと失われた
Lost on journeys we walked on
僕たちの旅の最中に
Lost are voices heard along the way
旅路の途中に聞こえた声と共に

Sorry for
ごめんね
Never going by your door
君の家を尋ねなくて
Never feeling love like that
あのときのようには、愛せなくて
Anymore
今はもう

スポンサーサイト

トラックバック

http://luvtetsuo.blog.fc2.com/tb.php/29-090aebd4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。