スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun Kil Moon - Duk Koo Kim



looking out on my roof last night
昨晩 僕は屋根の上で景色を眺めていた
woken up from a dream
夢から目覚めて
i saw a typhoon coming in close
台風が近づいてきているのが見えた
bringing the clouds down to the sea
雲を海面へと迫らせながら
making the world look gray and alone
世界を孤独な灰色に塗り替えながら
taking all light from my view
目に映る全ての明かりを連れて
keeping everyone in
僕は皆を中へと囲む
and keeping me here with you
この場所で 君のそばで

around you now, i can't sleep no more baby
君と一緒にいると 目が冴えて眠れないよ
around you still, don't want to leave yet
もうしばらくこのまま 君のそばにいたいんだ

woken up from a dream last night
昨晩 僕は夢を見ていた
somewhere lost in war
戦で今はもう失われたどこかの地で
i couldn't feel my feet or hands
僕は自分の四肢の感覚を失い
i didn't feel right anymore
苛まれていた
i knew there I'd die alone
僕は悟った 自分がこの場所でひとり死んでいくことを
with no one to reach to
助けを求める相手もなく
but an angel came down
けれどそのとき天使が舞い降りてきて
and brought me back to you
僕を君の元へ連れ戻してくれたんだ

i'd rather leave this world forever baby
この世を永遠に去る方がましだよ
than let life go the way it's going
このまま生きて行くよりは

watching an old fight film last night
昨晩 古いボクシングの試合を見たんだ
Ray Mancini vs. Duk Koo Kim
レイ・マンシーニと金得九の試合さ 
the boy from Seoul was hanging in good
ソウルから来た男は健闘していたけど
but the pounding took to him
一撃が彼を打ちのめした
and there in the square he lay alone
彼はリングの上に横たわっていた
without face without crown
名を成さず タイトルを逃し
and the angel who looked upon
天上の天使が
never came down
降りてくることはなかった

you never know what day could pick you baby
迎えがいつやって来るのか、誰にも分からない
out of the air, out of nowhere
それは青天の霹靂のように

come to me once more my love
もう一度僕の元へ戻ってきておくれ
show me love I've never known
僕の未だ知らぬ愛を見せてくれ
sing to me once more my love
もう一度僕に歌ってくれ
words from your younger years
若き日々の言葉を
sing to me once more my love
もう一度君に歌って欲しいんだ
songs that i love to hear
ぼくの好きな歌を

birds gather 'round my window
鳥たちが僕の窓辺に集い
fly with everything i love about the day
僕が愛したその日とともに飛び交う
flowers, blue and gold and orange
色とりどりの花たちが
rise with everything i love about the day
僕が愛したその日とともに背を伸ばす

walk with me down these strange streets
この初めての道を どうか僕と歩んでくれないか
how have we come to be here
どうやって僕らはここにたどり着いたんだろう
so kind are all these people
人々のなんと心温かいことか
how have we come to know them
どうやって僕らは彼らに出会ったんだろう



金得九:韓国江原道出身のプロボクサーで、第24代OPBF東洋太平洋ライト級王者。レイ・マンシーニとの世界タイトル挑戦後、リング禍でこの世を去った「悲運のボクサー」。試合後、母親とレフェリーが自殺している。

ボーカルのマークがボクシングファンで、バンド名Sun Kil Moonも文 成吉(Moon Sung Kil、ムン・ソンギル、1963年7月20日 - )という韓国人ボクサーの名前から取っている。
他にもサルバドル・サンチェスやベニー・パレットに言及し、フィリピン人ボクサーと同名のPancho Villaという曲などがある。

スポンサーサイト

トラックバック

http://luvtetsuo.blog.fc2.com/tb.php/310-fb434fc3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。