スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Remy Zero - Til The End



I always thought that we'd carry on 'til the end
終わりの時が来るまで、僕らは歩み続けるものだと思っていた
And I'd always be your friend
いつまでも君の友達でいられると
But I should've known, lonely as I was back then
僕はあの頃と同じように孤独なまま だけど気づくべきだったんだ
That I'd never see you again
もう二度と君に出会えなくなることに

How could you walk away?
どうして君はいなくなってしまったんだ?
Leave it all damaged, torn, afraid
全てを傷ついたまま、引き裂かれたまま 恐怖の中に残して
Well just go away
ただ行ってしまったんだ
And it's okay
大丈夫だよ

And I guess it's true that all that you give is returned
与えたものの全ては報われる それはきっと本当のことなんだ
For all that you've burnt, you'll burn
人は自ら渇望したもののために その身を焼くんだ
And now that you are hoping that they'll let you in
君が彼らの仲間に入ることを望む今
Just tell them it's your best friend
彼らにはただ 君が親友だと言えばいいのさ

And how could it walk away?
どうして失ってしまったんだろう?
Leave you there damaged, torn, and afraid
傷つき、引き裂かれた君を恐怖の中に置き去りにして
There's nothing here
ここにはもう何もない
And there's nothing left to say
言い残したことはない

I think of the times you said you'd never go
君がずっと傍にいるといったときのことを思い出すんだ
Think of the words when you said so
君がそういったときの言葉を

And I always thought that we'd carry on 'til the end
終わりの時が来るまで、僕らは歩み続けるものだと思っていた
And you'd always be my friend
君がいつまでも僕の友でありつづけると


解散後、嚢胞性線維症で亡くなったドラマー、グレゴリー・スレイの死を悼んでリリースしたシングル。

スポンサーサイト

トラックバック

http://luvtetsuo.blog.fc2.com/tb.php/322-7f427262

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。