スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emilie Autumn - Shalott



She's locked up with a spinning wheel
彼女は糸車と一緒に閉じ込められている
She can't recall what it was like to feel
感情を思い出すことができずに
She says, "This room's gonna be my grave
彼女は言う、「ここが私の墓場になるわ」
And there's no one who can save me,"
「そして私を救える人はいない」
She sits down to her colored thread
彼女は綾糸の傍に座る
She knows lovers waking up in their beds
恋人と同じベッドで目覚めることを夢見ながら
She says, "How long can I live this way
彼女は言う、「いつまでこんな風に生きていくのかしら」
Is there someone I can pay to let me go
「『出して下さい』と請う相手もいない」
'Cause I'm half sick of shadows
「いい加減暗がりにも飽き飽き」
I want to see the sky
「私は空が見たいの」
Everyone else can watch as the sun goes down
「誰だって太陽が沈むのを見たことがあるでしょう」
So why can't I
「ならば私だって」

And it's raining吹く
雨が降っているわ
And the stars are falling from the sky
星が空から落ちて来る
And the wind
風が
And the wind I know it's cold
風が吹く、その冷たさを私は知ってる
I've been waiting
ずっと待っていたの
For the day I will surely die
人生最後の日を
And it's here
そしてついに
And it's here for I've been told
今日がその日、だって私は告げられたの
That I'll die before I'm old
私は年老いる前に死ぬのだと
And the wind I know it's cold..."
風の冷たさを感じる・・・

She looks up to the mirrored glass
彼女は反射する硝子を見上げる
She sees a horse and rider pass
そこに立派な馬と騎手が通るのを見る
She says, "This man's gonna be my death
彼女は言う、「あの男が私の命取りになるわ」
'Cause he's all I ever wanted in my life
「だって彼以外には何も欲しくない」
And I know he doesn't know my name
「彼が私の名前さえ知らないことや」
And that all the girls are all the same to him
「どんな女の子にも興味はないことも、知ってる」
But still I've got to get out of this place
「それでも私はここを抜け出さないといけないの」
'Cause I don't think I can face another night
「だってもう一夜とて耐えることはできないから」
Where I'm half sick of shadows
「いい加減暗がりには飽き飽き」
I want to see the sky
「私は空が見たいの」
Everyone else can watch as the tide comes in
「誰だって潮が満ちるのを見たことがあるでしょう」
So why can't I
「ならば私だって」

But there's willow trees
けれど外にはヤナギの森があって
And little breezes, waves, and walls, and flowers
僅かなそよ風や、波や壁や、花が咲いていて
And there's moonlight every single night
そして毎夜月の明かりが差すの
As I'm locked in these towers
私がこの塔に閉じ込められている間にも
So I'll meet my death
私はいずれ命尽きるわ
But with my last breath I'll sing to him I love
けれど死ぬ前に、彼に愛を唄うの
And he'll see my face in another place,"
そして彼は別の場所で私の顔を見つめるのよ
And with that the glass above
あの硝子の下で

Cracked into a million bits
粉々に砕けて
And she cried out, "So the story fits
彼女は叫ぶ、「これで納得がいくわ」
But then I could have guessed it all along
「心の何処かでは、こうなることも分かっていたはずね」
'Cause now some drama queen is gonna write a song for me,"
「だってこれからどこかのドラマのヒロインが私のために歌を書くのだもの」
She went down to her little boat
彼女は小さなボートに乗って
And she broke the chains and began to float away
鎖を断ちきり、沖へ船を出した
And as the blood froze in her veins she said,
体内の血液が凍り付くのを感じて、彼女は言った
"Well then that explains a thing or two
「ああ、これで説明がつくわ」
'Cause I know I'm the cursed one
「私は呪われし者、分かっているの」
I know I'm meant to die
「命尽きる運命なのよ」
Everyone else can watch as their dreams untie
「誰だって一度は夢から醒めるもの」
So why can't I
「ならば私だって」
スポンサーサイト

トラックバック

http://luvtetsuo.blog.fc2.com/tb.php/8-fd10af9b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。