FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASHES dIVIDE - Ritual



At night when our voices are gone
真夜中、僕らが声を失うとき
The flame-thrown silhouettes line the wall
炎がこの壁に陰を映しだす
We have nothing left to say
僕らにこれ以上言えることは何もない
Cuz we use some terrible words
だってほんのちっぽけな見返りのために
To get such subtle rewards
僕らはひどいことを言ってしまうんだ
That never seem worth it to me
僕にはとても馬鹿らしく思えるよ

They say that all that we are, we can't change
人々は、人間は変わることなどできないと言うけれど
And I say that all that we are is dark matter anyway so just pray
どうせ自分の正体さえ知ることはできないのだから、ただ祈ればいいのさ

With me
僕と一緒に

You and I keep falling farther away
遠くへ離れて落ちていく、僕と君
It's become a ritual
それは儀式になる
We stare like strangers straight through each other into the wall
まるで赤の他人のように 向かい合っていても僕らにはお互いが見えないんだ

And you say when your lies and your mouth come unfurled
君は言う、君の口と嘘が檻から解き放たれるとき
From the cage theoretical stones that mean nothing but they go straight through me
まるで無意味な理論の石ころが 僕を真っ直ぐ貫くと
Cuz we use some terrible words
だって僕らは酷いことを言うんだから
Which always sends me crippled into flight
そのせいで僕は 無様に飛ばなきゃならないんだ

You say it's not too late
君は言う、まだ手遅れじゃないって
We can change
僕らは変われるって
I say hurry up and help me touch the ground tonight
僕は言う 急いで、今夜僕が着陸するのを助けてくれ

Please say the words
お願い どうかその言葉を言って

Do you ever think you could erase the things I've said?
僕が口にした言葉を、君が取り消せるとでも思ったのかい?
The bitter words that you ripped from the wounds inside your head
君が自分の頭の中の傷口から引き剥がした あの苦々しい言葉たちを
I wanna see the blood rush back into your face
君の顔が赤くなるのを見ていたいよ
The last thing I ever wanted to do was hurt you this way
君をこんな風に傷つけることだけは、したくなかったのに

ASHES dIVIDE - Too Late



If I could separate me from myself,
もしも僕が自分という人間じゃなかったら
I'd stay away from me.
僕みたいな人間には近づかなかっただろう
If you decide I'm wrong, and you can wait that long
けれどもし君が僕が間違っていると思うのなら そんなにも長い間待待ってくれるのなら
maybe it's not too late.
もしかしてまだ間に合うのかもしれない

I will not loose you to the melting sky
溶けていく空に君を渡しはしない
Or to the mad parade
狂気のパレードや
To the bloody jaws or the fire fall
血に飢えた牙や、落ちていく炎にだって渡しはしない
Don't be afraid.
だから怖がらないで

You need never know,
君には絶対に経験してほしくないんだ
a cold heart, heart of stone, or lonely memory,
石でできた冷たい心や、孤独な記憶なんて
you will never be alone
決して一人にはしないよ

I will not loose you to a world that doesn't care
無関心な世界に君を渡しはしない
To the monsters that would have you.
襲いかかる怪物たちにだって
Never surrender you, I always will be there
誰が相手だろうと傍に居て、君のために立ち向かうよ
I will be there to wrap myself around you
君を抱き締めてあげる
I will not loose you to the dark or to the nights
暗闇や夜に君を奪わせはしない
To the terrible machine
あるいは恐ろしいマシーン相手にだって
Never let you loose your light
いつだって君が光を失わないように

Don't pull away...
僕からはぐれないで・・・

Clams Casino - I'm God



How did you know?
どうして分かったの?
It's what I always wanted
これが私の求めつづけたもの
Could never have had too many of these
いくらあっても多すぎることはないわ
Well you, quit kicking me under the table
ねえ これ以上私を陰で傷つけたりしないで

I'm trying; will somebody make her shut up about it?
努力しているわ 誰か彼女がこれについて喋るのを黙らせてくれない?
Can we settle down please?
そろそろ私達、身を落ち着けるべきじゃない?

This world, I've been right
この世界 私は正しかった

At the Drive-In - Grand Mox Turkin



Today the horde machine went rollin'
今日、大量の機械の群れが転がって行った
In sequence grasp, prepared to falter
順番通りの支配で、今にもつまづきそうに
We were born to self destruct on birth row
僕等は生まれた順に自滅することが決まっていたんだ

An hour glass is punctured yearning
砂時計が切望しながらパンクさせられる
This malevolent structured duplicates
この悪意ある構造を持つ複写
But we all love to disobey on birth row
だけど僕等はみんな生まれた順に反抗するのが大好きさ

And the question remains,
そして疑問は残る、
Everything is spit and shined
何もかもが唾を吐きかけられて、磨かれている
Everything is wiped out twice to make sure
そして二回は拭かれるんだ
Nothing's on our mind
僕等の頭がからっぽなことを確認するために

I was the fuse but your truth will always trust
僕は導火線だったけれど、君の真実がいつだって信じるんだ
But your truth will always trust
君の真実がいつだって信じるんだ

But the question still remains
けれどそれでも疑問は残る
We're nothing but a bunch of mistakes
僕等は過ちの固まりさ
What a sorry excuse for a human being
人間にしてはなんて残念な言い訳なんだろう

At the Drive-In - Speechless



mother nature never smelled so good
母なる自然がこんなにも良い匂いだったことはない
can i taste the flower that you carry
君が持っているその花を味わってもいいかい
brilliant minds with pretty faces never cry
可愛らしい面をした素晴らしい心は決して涙なんか見せない
pedastal is crumbling down
柱脚が粉々に崩れ落ちていく
now you're on the ground
今、君は地上に舞い降りた
selfless days are way too many
あまりにも多すぎる、無私無欲な日々
lay back, spread your legs, and don't make a sound
仰向けになって足を開け 音は立てるな

hiding bruises he brings you roses
隠された痣 彼は君に薔薇を持ってきて
says "i'm sorry" now it's okay
「ごめんね」と謝る それでもう大丈夫
no hard feelings, no deep meanings
辛い気持ちは吹っ飛ぶ 言葉に深い意味なんてないけれど
you were once special
君はかつて特別な人だった
but just for a day
ただ一日だけだけどね

he hook and baits you
彼は罠を掛けて君をおびき寄せ
to break you in two
その心を真っ二つに引き裂く
now no one is saying
今や誰一人として
that it'll be all right
「大丈夫だよ」なんて言ってはくれない
promises when he says "i love you"
「愛している」 そう言った彼の約束が
face first to the floor
真っ逆さまに床へ落ちていく
now you just don't know
それで君はただ分からなくなった

speak up!
声を張り上げろ!
because no one's listening
誰も聞いてなんかくれないのだから

all those lonely nights
数え切れないほどの寂しい夜を
you stayed up and cried
君は眠れずに泣いて過ごした
sick to your stomach with butterflies
不安で胸をどきどきさせながら
he says "come here and hold me close
彼は言う 「ここへ来て僕を抱き締めてよ」
you never really seem to smile when i touch you"
「僕が触るとき、君は決して笑わないんだね」
saccharine sweet flavored drinks
糖酸塩で甘く味付けされた飲み物は
taste so old
ひどく古びた味がする
this burning in your mind
こいつが君の心の中で燃え上がって
makes you feel so cold
君にひどい寒気を感じさせるんだ

no recollection of affection
あの時の愛情を思い出すことはもうない
we're only safe from harm when nothing
何もかもがどうでもよくなるまで
matters only 20 years have passed
本当の平安は手に入らない たった20年が過ぎて
and you're already feeling old
君はもう年老いた気分でいる
bell jar is ringing
ベルジャーの音が鳴り響いてる
and no one understands the feeling of
そして誰にも分かりはしないんだ
kicking a dead cow
死んだ牛を蹴りつけるのがどんな気分か
and hoping that i will come alive
いつか僕が生き返ることを夢見ながら
when everything is wrong
何もかもが間違っている中で
you just say..
君はただ言う・・・
"i'm doing fine."
「私は元気でやってるわ」

she's reaching for something right
彼女は何か正しいものに向かって手を伸ばしているんだ

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。