スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foo Fighters - Something From Nothing



Give me the flammable light
可燃性の明かりをくれ
I'm cold as a match, ready to strike
おれはマッチのように冷え切っていて、火花を出そうと待ち構えている
So here I go
さあ、行くぜ

Here lies a city on fire
街が燃え上がる
Singing along
声を上げて歌う
The arsonist choir
放火犯の聖歌隊
Now here I go
今、俺はいくぜ

It's started with a spark
それはほんの火の粉から始まって
And burn into the dark
しまいには暗闇に焼き付いた
Now here I go
さあ、今俺はいくぜ
※1

There is a river I've found
俺は川を見つけたんだ
Into the wild
野生へと流れる川を
Under the ground
地中の中
So here I go
だから、俺はいくぜ
※2

A button on a string
紐で繋がれたボタン
And I heard everything
そして俺は全て耳にしたのさ
Now here I go
今、いくぜ
※3

Oh sweet ignition be my fuse
愛しい点火装置よ、俺の導火線となってくれ
You have no choice you have to choose
選択肢はない、けれど選ばなければならないんだ
Bid farewell to yesterday
昨日に訣別を
Say goodbye I'm on my way
別れを告げるんだ 俺は先へと突き進む

But in the end we all
だけど結局俺たちはみんな
Come from what's come before
以前にもあったものから、来ているんだ
So here I go
だから俺はいくぜ

I threw it all away because
俺はそんなもの全部捨てちまったぜ
I had to be what never was
俺はこれまでにはないものにならなきゃならなかった
Been so hungry I could lie
嘘すらついちまいそうなぐらい、腹が減ってるんだ
Took my word, I took your wine
俺は自分の言葉を信じて お前のワインを飲み干した

And held you in my bloody hands
俺はお前を血で濡れた両手の中に抱き締めた
These rattled bones and rubber bands※4
ばらばらになっちまいそうな骨と、ゴムバンドを
Washed them in the muddy water※5
泥臭い水で洗い流して
Looking for a dime and found a quarter※6
10ドルを探し求めて見つけたのは、25セントさ

But you can't make me change my name
だけど、お前は俺に違う名前を名乗らせることなんてできない
They'll never make me change my name※7
誰にもこの名前は変えさせない
Pay no mind now ain't that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか?
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は、無から生まれたのさ

I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線
I'm something from nothing
無から生まれて、俺は名を上げたのさ
You are my fuse
お前こそが俺の導火線

It goes oh, oh, oh
ほら、いくぜ
Oh, oh, oh
Oh, oh, oh
All rise!※8
全員立ちあがれ!

No you can't make me change my name
お前は俺に違う人間を名乗らせたりできない
You'll never make me change my name
お前のために名前を変えたりなんかしない
Pay no mind no wait that's something
気にもならないぜ すごいことじゃないか
Fuck it all I came from nothing
全てクソくらえ 俺は無から生まれたんだ

I'm something
俺は名を上げたんだ
From nothing
無から生まれて


今作はデイブ・グロール監督の音楽ドキュメンタリー番組Sonic Highwaysの収録と並行してオースティン、シカゴ、ナッシュヴィル、メンフィス、ニューオーリンズ、シアトル、ワシントンDC、ニューヨークの計8都市でレコーディングされたそうな。
各都市をテーマにした収録曲にはその都市を代表するミュージシャンがゲスト参加しており、シカゴでレコーディングされたSomething From Nothingにはチープ・トリックのリック・ニールセンが参加している。
曲の内容は、ブルースギタリスト・バディ・ガイを始めとする、シカゴでゼロからキャリアをスタートさせて名を上げた(Something from nothing)ミュージシャンたちを歌ったもの。

以下、全てFoo Archive Newsより参照しました。

※1 シカゴ発のパンク・クラブ La Mere Vipere が不審火でオープン一年以内に閉店したことに関する。街に始めてできた他の沢山のクラブが同じような運命を辿った

※2 シカゴを156マイルに笑って流れるシカゴ川のこと。この曲が録音されたElectrical Audioのスタジオに隣接する

※3 バディ・ガイは彼自身の初めての楽器をワイヤー、くぎ、玄関網戸だけで作ったという。Sonic Highwaysのエピソードで、本人が「ボタンと紐(button and string)から音を生み出した」と語っている。

※4 ゴムバンドもまたバディ・ガイが音楽を生み出すのにつかった道具の一つ

※5 シカゴで活躍したブルース・レジェンド、マディ・ウォーターズへの言及

※6 バディ・ガイのインタビューからの引用

※7 レコーディング参加しているリック・ニールセンのThe Grim Reapers含め、過去に様々のバンドがキャリア初期にバンド名変更を強いられそうになったことに関する

※8 "All Rise"はシカゴのポスト・ハードコアバンドで、デイブがThe Chubby Bearで始めてギグに行ったネイキッド・レイガンの1985年リリースのアルバムタイトル。彼らの"Home of The Brave"という曲に"oh, oh, oh, ohs"というSomething From Nothingと同様のコーラスがある

deadmau5 - Ghosts N Stuff



It's been so long, I've been out of my body with you
とても長い間、俺は自らの肉体を飛び出して、君と共にいた
I feel alone, feel at home, feel like nothing is true
とても孤独で、そして落ち着いた気分だ まるで真実なんでどこにもないように思える
She took me to a place where my senses gave-way
彼女は俺を、感覚の解き放たれる場所へと連れて行ってくれた
Turn it 'round, shut it down, what the people say
人々の言葉なんて、ひっくり返して終わらせてしまえ
Climbing up, killing time, gonna give you some,
よじ登って、時間を潰す お前にもいくらか与えてやるよ
Take my hand and let it come, let it come, let it...
俺の手を握って、さあ受け入れるんだ・・・

Take it back when she knows that you're doing it right
取り消せ お前が正しくやってることを彼女が知っているときには
'Cause everybody else knows what they're taking tonight
だって、今夜は他の誰もが自分たちが何を手に入れてるのか知っているんだから

But I just wanna play it right,
だけど、俺は正しくプレーしたいだけなんだ
We are gonna get there tonight
俺たちは今夜辿り着いてみせる

It's been so far, I've been walking the line on my own
俺はとても遠いところにいた 一人きりで正しい道を選びながら
Lift me up to the stars, we are coming home
俺を星々のところまで持ち上げてくれ 俺たちは今夜帰路に着く
I only had a taste but we're out of time
ほんの味見をしただけなのに、もう時間切れなんだ
We have sold in the cold, physical design
俺たちは物理的な設計なんてものは売り飛ばしちまった
Set me free, set me out on the run
俺を解放して、出発させてくれ
Lift me up to the sun, to the sun, to the...
太陽のもとまで、持ち上げてくれ・・・

We are burning down, we are burning down
俺たちは燃え尽きていく
It's the way that you fake it, I know it's too late
お前はいつもこんな風にしてでっちあげるんだ もう手遅れさ

I just want to take you down,
俺はただお前の鼻をあかしてやりたいだけなんだ
We are gonna bring you 'round
俺たちがお前を正気づかせてやる



フジロック'15最高でした!

Depeche Mode - Never Let Me Down Again



I'm taking a ride
僕は車に乗っている
With my best friend
親友と一緒に
I hope he never lets me down again
彼が二度と僕を失望させないことを祈ろう
He knows where he's taking me
行く先は彼にまかせておけば大丈夫
Taking me where I want to be
彼が僕の望む場所へ連れて行ってくれる
I'm taking a ride
僕は車に乗っているんだ
With my best friend
親友と一緒に

We're flying high
僕らは空高く飛んでいる
We're watching the world pass us by
通り過ぎていく世界を眺めながら
Never want to come down
このまま飛び続けていたいよ
Never want to put my feet back down
二度と降りていきたくなんかない
On the ground
地上の世界に

I'm taking a ride
僕は車に乗っている
With my best friend
親友と一緒に
I hope he never lets me down again
彼が二度と僕を失望させないことを祈ろう
Promises me I'm safe as houses
彼は僕に絶対の安全を約束してくれる
As long as I remember who's wearing the trousers
主導権を握るのは誰か、僕がわきまえている限り
I hope he never lets me down again
彼が二度と僕を失望させないことを祈ろう

Never let me down
絶対に僕をがっかりさせないでくれ

See the stars, they're shining bright
星を見上げてごらん あんなに明るく輝いている
Everything's alright tonight
今夜は、何もかも大丈夫さ


Take a ride=乗り物に乗る(必ずしも車とは限定しない)
すみません、うまい訳が見つからず、PVでも車に乗っていたのでこういう表現をしてしまいました。
全体としてドラッグのトリップを思わせる歌詞であることを考えると、「ちょっとした旅、遠出」ぐらいの意味合いの方が近いかも知れません

Depeche Mode - Dressed In Black



She's dressed in black again
彼女はまたも黒装束に身を包み
And I'm falling down again
僕はまたも墜落していく
Down to the floor again
地面へむかって真っ逆さまに
I'm begging for more again
僕はまたも、もっととせがんでいる
But oh what can you do
けれど僕に何ができるっていうんだろう
When she's dressed in black
彼女が黒を身に纏っているときに

My mind wanders endlessly
僕の心は延々と彷徨う
On paths where she's leading me
彼女に導かれるがままに
With games that she likes to play
彼女がしかけるゲームに
And words that she doesn't say
彼女の暗黙の言葉に
Not when we're alone
僕らが二人きりでないとき
And she's dressed in black
そして彼女は黒を身に纏っているんだ

As a picture of herself
彼女自身の写真のように
She's a picture of the world
彼女は世界を映しだす
A reflection of you
君を映しだし
A reflection of me
僕を映しだす
And it's all there to see
ほら、全ては明快なこと
If you only give in
ただ君が
To the fire within
内なる炎に身をまかせさえすれば

Dressed in black again
またも黒を身に纏っているんだ

Shadows fall onto me
彼女の陰が僕を呑み込む
As she stands there over me
彼女が傍に立ち
And waits to encompass me
僕を包囲しようと待ち構えるとき
I lay here helplessly
僕はここに頼りなく横たわる
But oh what can you do
だけど僕に何が出来るっていうんだろう
When she's dressed in black
彼女が黒を身に纏っているときに

Death Cab For Cutie - Crooked Teeth



It was one hundred degrees, as we sat beneath a willow tree,
摂氏100度の暑さの中、僕らは柳の木の下に座っていた
Who's tears didn't care, they just hung in the air, and refused to fall, to fall.
必死で泣くまいとしていたのが誰だったかなんて、どうでもいいことさ

And I knew I'd made horrible call,
分かっていたよ、僕はきっとひどい電話をかけてしまうって
And now the state line felt like the Berlin wall,
州境は今やベルリンの壁のように僕らを分かち
And there was no doubt about which side I was on.
僕と君のどちらが東でどちらが西なのか それは分かりきっていたね

Cause I built you a home in my heart,
だって僕は心の中に君のための家を建てたのに
With rotten wood, it decayed from the start.
その木材は始めから腐っていたんだ

Cause you can't find nothing at all,
何も見つけられっこないよ
If there was nothing there all along.
始めからそこには何もなかったんだから
No you can't find nothing at all,
何も見つけられっこないよ
If there was nothing there all along.
見つけられるようなものは元からなかったんだから

I braved treacherous streets,
僕は裏切りの大通りに立ち向かった
And kids strung out on homemade speed.
自家製のスピードで麻薬中毒にかかる子ども達
And we shared a bed in which I could not sleep,
君と同じベッドの上で、僕はついに
At all, woo, hoo, woo, hooOoOo.
一睡もできなかったんだ

Cause at night the sun in retreat,
夜になれば太陽が退いて
Made the skyline look like crooked teeth,
地平線を乱れた歯並びみたいに見せた
In the mouth of a man who was devouring, us both.
僕らふたりを呑み込む、巨大な男の口に生えた歯さ

You're so cute when you're slurring your speech,
滑舌の悪い君の喋り方がとっても愛おしいよ
But they're closing the bar and they want us to leave.
だけどバーの閉店の時間が迫っている 彼らは僕たちに出て行って欲しいのさ

I'm a war, of head versus heart,
僕の頭と心は戦争を繰り広げるけれど
And it's always this way.
結果はいつだって同じ
My head is weak, my heart always speaks,
僕の頭は声を潜め、心が勝つのさ
Before I know what it will say.
始めから勝負は決まっているんだ

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。