スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gary Numan - M.E.



And m.e. I eat dust
僕はもうだめだ
We're all so run down
僕らはすっかり衰えている
I'd call it my death
これで僕は死ぬ
But I'll only fade away
ただ消えていくだけ
And I hate to fade alone
一人で死にたくなんかないのに
Now there's only m.e.
もう他には誰もいない

We were so sure
僕らは確信していた
We were so wrong
僕らはひどく間違っていた
But there's no one left to see
もう誰もいない
And there's no one left to die
みんな死んでしまった
There's only m.e.
僕はひとりだ

Why shoud I care
どうだっていい
Why should I try
足掻く気力もない
Oh no, oh no
ああ
I turned off the pain
僕は痛みを断ち切った
Like I turned off you all
君たちみんなを断ち切ったように
Now there's only m.e.
これで僕はひとりだ


地球上に一人生き残ったロボットの歌
Basement Jaxxの代表曲"Where's Your Head At?"のイントロで聞き馴染みがある方も多いのでは

映画「トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン」を見て以来、
こういう広い宇宙の真ん中でただ一人っきりで死ぬ、みたいな世界観にどうも惹かれてしまう

Jónsi - Where No One Goes



Let the wind carry us
共に風に身を任せて
To the clouds, hurry up, alright
雲の高さまで飛んでゆこう 急いで 大丈夫さ
We can travel so far
二人なら遙か彼方へ行けるよ
As our eyes can see
見渡す限り、どこまでも

We go where no one goes
僕たちなら、他の誰もたどり着けないところまで行けるさ
We slow for no one
誰も僕らの邪魔はできない
Get out of our way
道をあけるんだ

I'm awake when up in the skies
僕は空高く舞い上がり、目覚める
There's no break up so high, alright
雲の上では僕らを引き裂くものは何もない 大丈夫さ
Let's make it our own,
二人で手に入れよう
Let's savor it
この世界を味わうんだ


ヒックとドラゴン2を見て。よかった〜

Jeff Buckley - Mojo Pin



It's a song about a dream
これは僕の夢の話
Well i'm lying in my bed
僕はベッドの中にいて
The blanket is warm
暖かいブランケットにくるまっている
This body will never be safe from harm
どこにいても、この身が完全に休まることはない
Still feel your hair, black ribbons of coal ※1
石炭のように真っ黒な、君のくせっ毛の感触を今でも覚えている
Touch my skin to keep me whole
その感触が僕の心をかろうじて心繋ぎ止めるんだ

If only you'd come back to me
君が僕の元へ戻ってきてくれさえすれば
If you laid at my side
僕の傍に横たわってくれさえすれば
I wouldn't need no Mojo Pin ※2 to keep me satisfied
こんなお守りで自分を慰める必要もないのに

Don't wanna weep for you, I don't wanna know
君のために泣きたくなんてない 知りたくもないんだ
I'm blind and tortured, the white horses flow ※3
苦しくて、どうしていいか分からない 流れ込む白波
The memories fire ※4 , the rhythms fall slow
燃えるように輝く思い出 ゆっくりと落ちていくリズム
Black beauty ※5 I love you so
美しい褐色の人よ 君をこんなにも愛している

Precious, precious silver and gold and pearls in oyster's flesh
尊い金銀 貝殻の中に輝く真珠
Drop down we two to serve and pray to love
落ちる滴 愛するために祈り、仕える二人
Born again from the rhythm screaming down from heaven
天国より地上へと叫びながら リズムから蘇る
Ageless, ageless
永遠に若々しいまま
I'm there in your arms
僕は君の腕の中にいる

The welts of your scorn, my love, give me more
僕にもっと君の蔑みをぶつけてくれ
Send whips of opinion down my back, give me more
意見の鞭でこの背中を打って欲しいんだ
Well it's you I've waited my life to see
君こそは、僕がずっと待ち望んだもの
It's you I've searched so hard for...
君こそ、僕が探し求めつづけていたもの・・・



※1 Black ribbons=黒人のアフロのようなくせっ毛のこと

※2 Mojo pin=曲名にもなっている言葉、ネットで検索してもでてこず、どうやらJeff Buckleyの造語のようです。Mojoは「お守り」や「魔力」、pinは動詞としては「縛り付ける」といった意味や、魔術で使用するような「ピン」の意味があります。
Jeff当人によると、
"Plainly speaking, it’s a euphemism for a dropper full of smack that you shoot in your arm,” (率直に説明すると、精神を鎮めるためのヘロインをたっぷり詰め込んだ点滴機の比喩だね)
"This is a song about obession. Sometimes if somebody you feel you need... the whole universe tells you have to have her, you start watching her TV-shows all night, you start buying her the things she needs you start drinking her drinks, you start smoking her bad cigarttes, you start picking up her nuances in her voice, you sleep in safe sometimes the least dangerous thing.. this is called Mojo Pin." (これは何かに取り憑かれることに関する歌なんだ。ときに人は特定の誰かを求めるようになると・・・そんなときは、世界中がまるで自分に彼女を手に入れなきゃだめだって言ってるようなんだ。彼女の出ているテレビは全て見るようになるし、彼女が必要としているものを全て買い込み、彼女と同じものを飲み始め、彼女が吸っている身体に悪い煙草を真似し始め、彼女の声の微妙なニュアンスを拾い上げて、夜は何よりも安全な気持ちでぐっすりと眠るようになる。これをMojo pinと呼んでいるんだ)

※3 White horses=注射器のなかで泡立つヘロインのスラングでもある

※4 ヘロインは記憶障害をもたらす場合がある。Jeff自身の引用から見ても、特定の人物への激しい執着を麻薬中毒に重ね合わせているとも取れる

※2 Black Beauty=過去に小説のタイトルで「黒馬物語」と訳されているように、美しい黒色のものを指す。Jeffはこの曲を彼が見た黒人女性の夢に関するものだと述べているそう。また、60-70年代にはスピード(覚醒剤)のスラングとしても使用されていました。

Imogen Heap - Headlock



Distant flickering, greener scenery.
遠く揺らめく炎、緑鮮やかな景色
This weather's bringing it all back again
こんな天気の日には、全て蘇る
Great adventures, faces and condensation.
偉大な冒険、人々の顔と結露
I'm going outside to take it all in.
私は外へ出て、全てを吸い込むの

You say too late to start, got your heart in a headlock,
あなたは頑なな心で、出発するには遅すぎるって言うけれど
I don't believe any of it.
私はそんなの信じないわ
You say too late to start, with your heart in a headlock,
頑なな心で あなたは手遅れだって言う
You know you're better than this.
わかっているくせに

We're a different pair, do something out of step.
私達は何をするにも歩調の異なる他人同士
Throw a stranger an unexpected smile...with big intention.
大いなる意図を持って、見知らぬ人に笑顔を投げかけるのよ
Still posted at your station.
あなたの駅に張り出されたままで

Always on about the day it should have flied.
いつだって、あのとき飛び立てばよかったとぐずぐず言って

Afraid to start, got your heart in a headlock,
踏み出すのを恐れて、あなたの心は頑なになっている
I don't believe any of it.
私はそんなの信じないわ
You say too late to start, with your heart in a headlock,
頑なな心で あなたは手遅れだって言う
You know you're better than this.
わかっているくせに

Been walking, you've been hiding,
私は歩み続け、あなたは隠れ続けてきた
And you look half dead half the time.
ほとんどいつだって半分死んだみたいに
Monitoring you, like machines do,
機械のように、あなたをじっと見ているわ
You've still got it, I'm just keeping an eye
あなたの中にまだあるものを 私は見張っているの

So what, don't care, will not, the end
だから何だっていうの どうだっていいわ 終わりじゃなし

You know you're better than this
あなただってわかっているくせに

I'll make you start, got your heart in a headlock,
私があなたを踏み出させるわ 頑ななあなたの心を
I don't believe any of it.
私はそんなの信じない
You say too late to start, with your heart in a headlock,
頑なな心で あなたは手遅れだって言う
You know you're better than this.
分かってるくせに

Incubus - The Warmth



I'd like to close my eyes and go numb
目を閉じて、何も感じなくなってしまえたらいいのに
But there's a cold wind coming from
冷たい風が邪魔をするんだ
The top of the highest high rise today
そいつは今、世界の一番高いてっぺんから吹き付けてくる
Its not a breeze cuz it blows hard
そよ風じゃない、強く吹き荒れているんだ
Yes and it wants me to discard
そして僕をそそのかす
The humanity I know, watched the warmth blow away
人間性なんか捨ててしまえと 奪われてゆく温もりを眼前に

So don't let the world bring you down
けれどどうか、諦めてしまわないで
Not everyone here is that fucked up and cold
ここにいる誰も、そこまで心腐って冷え切ってしまったわけじゃないさ
Remember why you came and while you're alive
自分がなぜここへ来たのか想い出すんだ
Experience the warmth before you grow old
命あるうちに、老いてしまう前に、その温もりを知ることさ

So do you think I should adhere
君は僕があの
To that pressing new frontier
ニューフロンティア(※)の精神を押し通すべきだと思うかい
And leave in my wake, a trail of fear
恐怖を振り払って目を醒まし
Should I hold my head up high
頭を上げて前を見つめ
And throw a wrench and spokes by
精一杯抗うべきだと思うかい
I'm leaving the air behind me clear
僕は澄んだ空気を後に残す


1960年に当時のアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが打ち出した政策方針。戦争・偏見・貧困・差別など、地理的でない境界線による問題の解決を目指した。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。