スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Incubus - Privilege



Isn't it strange that a gift could be an enemy
奇妙なことじゃないか ありがたいはずのものが、まるで厄介なもののように
Isn't it weird that a privilege could feel like a chore
特権がまるで、辛い仕事のように感じられるなんて
Maybe its me, but this line isn't going anywhere
僕の考えすぎかな だけど、そんな考えが振り切れないんだ
Maybe if we looked hard enough we could find a back door
もし僕らがもっと目を凝らせば、逃げ道を見つけられるかも
Find yourself a back door
自分だけの逃げ道を見つけるんだ

I see you in line dragging your feet
のろのろと列に続く君に
You have my sympathy
僕は同情するよ
The day you were born you were born free
君は生まれ以て自由な存在だった
That is your privilege
それこそが君の特権なのさ

Isn't it strange that the man standing in front of me
奇妙じゃないか 僕の前に立っているこの男は
Doesn't have a clue why he's waiting or what he's waiting for
自分が何を待っているのかも、何故待っているのかも分からないでいるんだ
Maybe its me but I'm sick of wasting energy
もしかしたら考え過ぎかもしれない だけどこれ以上人生を無駄したくはないんだ
Maybe if I look in my heart, I can find a back a door
自分の心の中を見渡せば、逃げ道を見つけられるかも
Find yourself a back door
自分だけの逃げ道を見つけるんだ

I see you in line dragging your feet
のろのろと列に続く君に
You have my sympathy
僕は同情するよ
The day you were born you were born free
君は生まれ以て自由な存在だった
That is your
それこそが君の
That is your privilege
それこそが君の特権なのさ
Find yourself a back door
自分だけの逃げ道を見つけるんだ


調度エーリッヒ・フロム「自由からの逃走」を読んでいたので、面白い歌詞だなと思いました
重荷や孤独の源としての自由を歌う歌と取るとサビのあたりもしっくりくるのですが、
"Find yourself a back door"とはどういうことでしょうね??

Jamie xx - Loud Places feat. Romy



I go to loud places to search for someone
私は賑やかな場所へ出かける
To be quiet with who will take me home
静かに私を連れ帰ってくれる誰かを捜して
You go to loud places to find someone who
あなたは賑やかな場所へ出かける
Will take you higher than I took you
私よりももっと素晴らしい世界を見せてくれる人を探して
Didn't I take you to higher places you can't reach without me?
二人でしか上り詰められない高みへ、あなたを連れて行ったと思っていたのに
Reach without me?
私なしで行くの?

[Chorus]
I have never reached such heights
こんな世界は初めて
I feel music in your eyes
あなたの瞳の中の音楽が聞こえる
I have never reached such heights
こんな高みは初めて

I go to those places where we used to go
二人で昔よく行った場所へ来てみる
They seem so quiet now
そこは今はもうとても静かで
I'm here, all alone
私は一人きりなの
You go to new places with I don't know who
あなたは私の知らない誰かと、新しい場所へ行く
And I don't know how to follow you
どうやってあなたを探したらいいかさえ分からないの

[Bridge]
Higher
もっと高く
I take you higher and I’ll take you
これまでよりもっと高いところへ、連れて行ってあげる
Didn’t I take you higher?
私が見せてあげた世界を覚えているでしょう?
I take you higher
あなたを連れて行ってあげる
I take you higher and I take you
これまで以上の更なる世界へ

You're in ecstasy without me
私を置いたまま、上り詰めてしまったあなた
When you come down
元の場所へ戻ってきてももう
I won't be around
そこに私はいないわ

Hole - Jennifer's Body



I know it, I can't feel it
知っているわ 感じることはできないけど
Well, I know it enough to believe it
私には分かるのよ
And I know it, I can't see it
そう、知っているのよ 見ることはできなくても
But I know it enough to believe it
はっきりと確信できるの
It's bettering you, it's bettering me
そいつはあんたよりも、私よりも素晴らしいものなのよ
My bitter hand has bitten me
この憎々しい掌が、私自身に噛みついたの
It's bettering you, it's bettering me
そいつはあんたよりも、私よりも勝っているのよ
Sleeping with my enemy
敵と一緒に眠るの
Myself
そう、私自身と
Myself
私自身と
The pieces of Jennifer's body
ジェニファーの身体の一部が
Found pieces of Jennifer's body
ジェニファーの身体の一部を見つけた
Found pieces of Jennifer's body
ジェニファーの身体の一部を見つけたの
Just relax, just relax, just go to sleep
ただリラックスして、眠りなさい
Just relax, just relax, just go to sleep
ただリラックスして、眠りなさい

You're hungry, but I'm starving
私の飢えはあなたの空腹とは比べものにならないわ
He cuts you down from the tree
彼はあなたをその木から切り落として
He keeps you in a box by the bed
ベッドの傍の箱に閉じ込めるのよ
Alive, but just barely
かろうじて生きたまま
He said, "I'm your lover, I'm your friend
彼は言った 「俺は君の恋人で、友達だよ」
I'm purity, hit me again"
「俺は潔白さ もう一度殴っておくれよ」
With a bullet, number one, kill the family, save the son
銃弾があればナンバー・ワンさ 家族を殺し、息子を救え
Himself
彼自身を
Himself
彼自身を

Now she's mine...
これで彼女は私のもの・・・

Hole - Playing Your Song



Hey you, you're way ahead of me
ねえ あんたは私のずっと先を行ってて
You're drunk on apathy
何事にも無関心で
You burned right out
燃え尽きてしまったのよ
Hey you, you're just a cripple now
ねえ 今やあんたはただの化け物で
We sell for millions now
私達は大金と引き替えにされたのよ
They sold you out
やつらはあんたを売り飛ばしたの

And, oh, I had to tell them you were gone
そう 私はやつらにあなたがいなくなったことを伝えなくちゃならなかった
I had to tell them they were wrong
やつらにあなたが間違ってたと言わなきゃならなかった
And now they're playing your song
そして今、やつらはあなたの曲をかけているのよ

Hey you, don't take it out on me
ねえあなた 私に当たり散らさないでよ
You're bored of everything
あなたは全てに退屈しきっていて
You burned right out
燃え尽きてしまったのよ
Hey you, so bored and cynical
ねえ あなたは皮肉屋で、うんざりしきっていて
It's fucking wonderful
クソ素晴らしいことじゃない
They sold you out
そして奴らに売り飛ばされたのよ

And, oh, they've bought and sold it all, it's gone
そう 何もかもはやつらのビジネスにされて、失われてしまった
They've taken it and built a mall
やつらは全て奪って、モールを建てたの
And now they're playing your song
そして今あなたの曲をかけているのよ

Ooh, their innocence tastes like candy, yeah
彼らの無邪気さはキャンディーのように甘美だから
Get so fat on it, it's a tragedy, yeah
食べ過ぎて肥えてしまうのよ まるで悲劇ね
I can help you come to me, yeah
あなたを私のところへ導いてあげる
Just bring your innocence to me, yeah
私に貴方の無邪気さをくれるならね

Hey you, don't you dare blame me
ねえあなた 私を責めたりなんかしないでよ
You trusted everything
あなたは何もかも盲信して
They sold you out
やつらに売り飛ばされたのよ
Hey, you, now when they call it cool
ねえあなた やつらが言う”クール”ってのは
It's just so mean and cruel
結局のところ意地悪で冷酷ってことでしかないのよ
They sold you out
やつらはあなたを売り飛ばしたの

And, oh, they bought and sold it all, it's gone
そう 何もかもはやつらのビジネスにされて、失われてしまった
And every note of it is wrong
そこで奏でられる全ての音色が間違ってるのよ
And now they're playing your song
そして今、やつらはあなたの曲をかけてるの


やっぱりカートに関する歌なんでしょうか。コートニーの声って気だるげかつ訴えかけてくるものがあって、とても好き

Hole - Violet



And the sky was made of amethyst
空はアメシストでできていて
And all the stars look just like little fish
星はまるで小さな魚たちのようだった
You should learn when to go
あなたは引き際を知るべきよ
You should learn how to say no
”ノー”と言うことを学ぶべきよ

Might last a day, yeah
もう一日生き延びられるかもしれないわ
Mine is forever
私のものは永遠よ

When they get what they want, they never want it again
人は一度手に入れてしまったものは、二度と求めないのよ
When they get what they want, they never want it again
人は一度手に入れてしまったものは、二度と求めないのよ

Go on, take everything, take everything, I want you to
さあ 何もかも奪ってよ それが私の望み
Go on, take everything, take everything, I want you to
さあ 何もかも奪ってよ それが私があなたに望むこと

And the sky was all violet
空は一面スミレ色だった
I want it again, but violent, more violent
もう一度あの色を見たいのよ ただし、もっともっと暴力的にね
Hey, I'm the one with no soul
ねえ、私は魂を持たない者
One above and one below
人々の上を、下を行く者よ

Go on, take everything, take everything, I want you to
さあ 何もかも奪ってよ それが私があなたに望むこと
Go on, take everything, take everything, I dare you to
さあ 何もかも奪ってよ やれるものならね

I told you from the start just how this would end
始めから言ったでしょう 結末は見えていたわ
When I get what I want then I never want it again
私は一度手に入れたものは、二度と求めないのよ


Nirvanaのカート・コバーンと付き合う前、コートニーの彼氏だったSmashing Pumpkinsのビリー・コーガンに関する歌。
1995年、英国BBCの人気音楽番組『Later With Jools Holland』にてコートニーは「まぬけ野郎の歌よ。私が彼に呪いをかけたからハゲちゃったのね("a song about a jerk, I hexed him and now he's losing his hair",)」とコメント
激しい歌い上げ方からいっても、ここで登場する「あなた(You)」というのはビリーにあてているのでしょうね。それにしても髪のことを言うなんて相当嫌いなんだろうなあ、とほほ・・・
ちなみにこちらもまた彼女と一時期関係のあったトレント・レズナー率いるNine Inch Nailsの"Starfuckers, Inc"(有名人とファックする人々の意)には、トレントがビリーのしっくい像をボールで粉々に割るシーンがw この曲自体も一般にコートニーにあてたものと解釈されています。
"The sky turned violet / I want it again / And violent more violent"辺りの歌詞は、1991年にコートニーが書いた詩"Above The Boy"より。

【PVについて】
子供時代に長い間バレエ教室に通い、その後十代からストリッパーとして働いたコートニー自身の経験を描いていたもの。
コートニー自身はPVの内容をドラッグの幻覚と手持ちの古い映画から着想を得たと言う。「古いポルノが好きなの。それに、長い間ストリッパーか半裸の女性を基軸にしたビデオを撮ってみたかったのよ。そういった経験の低俗さを表現したかったのよ("I love old pornography. But I wanted to at the same time, you know... all of the [music] videos for years that have put stripping or half-naked women on a pedestal, I wanted to sort of show the degrading experience that it is.")」
バレリーナとストリッパーの対比によって、踊るという行為の芸術的側面と性的側面の二面性を描いている。

登場するダンサーはコートニーが80年代に働いていたロサンゼルスのストリップクラブJumbo's Clown Roomから自身で選んできた実際のストリッパーたちとのこと。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。