FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queen of the Stone Age - Fairweather Friends



Is there anyone out there?
誰もいないのか?
Or am I walking alone?
俺はひとりきりなのか?
When I turned around and found that you'd gone before
振り向いて、お前がずっと先を行っていることに気づいたとき
The first rain could fall
それが最初の雨のきっかけだった

It seems every single time I was bleeding
いつだって俺は血の滲むような思いをしてきた
Broken promises that never came true
ついに叶えられることのなかった約束
Well it ain't so long before the dawn
夜明けまでそう遠くはないだろう
When the sun is gone so are
太陽が沈むとき
Well, so are you
お前はいなくなっちまうんだ

So what's it gonna take
どうすればいいんだろう?
To get you back in bed?
お前をベッドへ引き戻すためには
Gossip, frauds, and snakes
ゴシップ、裏切り、油断のならないやつら
They're just our best fairweather friends (fairweather Friends)
連中はただ、都合のいいときだけの友達なのさ
Fairweather Friends (fairweather Friends)
いざってときに限って俺たちを裏切る

One day when we're far away
いつか俺たちが
From everything that hurts
全ての痛みから逃れることができたら
Drink wine and screw is all we'll do
そのときはワインとセックスに溺れて過ごすのさ
Every day
来る日も来る日も

And though the hour's late
夜が更けても
Don't let 'em in your head (fairweather Friends)
やつらの声になんか耳を傾けるな(都合の良い友人たち)
Gonna pray for rain again and again
ただ繰り返し雨を願うのさ
Fairweather Friends
都合の良い友人たち
Fairweather Friends (fairweather Friends)
上辺の友人たち

Fair--I don't give a shit about 'em anyhow...
都合の良い・・・そんなことなんてどうだっていいさ


Go With The Flowをきっかけに聞き始めたQueen of the Stone Age、決定打がこの曲でした。
本当に捨て曲なしのアルバム。
最近これを聞きながらだらだら煙草吸ってる時間が一番幸せ笑

Showtek & Justin Prime ft. Matthew Koma - Cannonball (Earthquake)



You and I have lost our minds
君と僕は頭がおかしくなってしまって
I don't even know which thoughts are mine
お互いの気持ちが混ざり合ってしまったみたいだ
You're projected by a fear inside
君は内なる恐怖に突き動かされている
But I can see the light
だけど僕には光が見えるよ
Say when you're ready to escape
ここを抜け出す準備ができたら教えてくれ
I'll be your shelter from the rain
降り注ぐ雨から君を守ってあげる
I'll pull you under me and we can make the ground shake
君を巻き込んで、一緒にこの地面を揺さぶるんだ
Like an earthquake [3x]
地震みたいに

Show us what you got when the motherf- beat drops
このイカれたビートに合わせて、お前の力を見せてみろ

Make the, make the ground shake
地面を揺さぶるんだ
Like an earthquake [2x]
地震みたいに

You and I are honesty
僕と君は正直者さ
A sedated type-A intensity
内に激情を秘めた、一見穏やかなAタイプの人間
When it's me against you
君と僕
And it's you against me
二人きりで向かい合うと
It's so hard to breathe
息さえできなくなるんだ
Say when you're ready to escape
出発する準備ができたら教えてくれ
I'll be your shelter from the rain
降り注ぐ雨から君を守ってあげる
I'll pull you under me and we can make the ground shake
君を巻き込んで、一緒にこの地面を揺さぶるんだ
Like an earthquake
地震みたいに


type-A=一般的に攻撃的な人を指す言葉。心臓病の権威マイヤー・フリードマンとレイ・ローゼンマンによる性格と心臓病の関係性を探るリサーチで、心筋梗塞などの心臓病にかかりやすい人が持つ典型的な性質とされるパーソナリティーの名称。AはAggressive(攻撃的)から来ていて、せっかちで怒りやすい人、野心的、敵対的、ナーバスな人などが当てはまる

Sound City Players - Mantra



A vision of you there, standing tall
君の姿が見える 胸を張って
By the gate
門の傍に立っているのが

Everything is new, stare into
何もかもが真新しい 見つめるんだ
What is not yet
未だ成されていないものを

As your bones grow and you feel the pain
骨格の成長に伴い、痛みが君を襲う
In exchange
代償としての痛みが

Experiences hang, run round your mind
壁に並べられた経験が、君の心を駆け巡り
And collide
衝突する

Hang your toes over the edge
己の限界を超えて、困難に挑め
'Cause you can
君には可能だから

You can switch your place, hide inside
君は電話を切り替えることも、中へ隠れることもできる
If you try
その気にさえなれば

You'll open up your eyes and realize
君はいずれ目を開き、悟るだろう
How you fit in the wild
どうやって野生に適合するのかを

A lion is a lion, no apologies
ライオンはライオンだ 謝罪などしない
And a leash is a leech
首紐は、ヒルさ

In a corral, you're safe and warm
囲いの中じゃ、君は安全に守られている
Pass it on to every sheep
全ての羊たちに伝えてくれ

Time and time again you stick your self
何度も何度も、君は自分を犠牲にする
To accept someone else
他人を受け入れるために

Give up the wish let go of the dream
望みを捨て、夢を諦めろ
Barricade, fantasy
バリケード、妄想

Burn the dogma, let the fire
教義を燃やし
Overtake the desire to define
欲望は炎に委ねろ 明確にするために

(I will find a way to keep this moment)
(俺は、この瞬間を永遠にする手段を探しだす)
What's raging
激昂しているもの
(For myself
(俺自身のために
I will find a way...)
道を見つけるんだ・・・)
Out of control
手に負えない
Like a wheel
車輪のように

(I will find a way...)
(何とかするんだ・・・)
Like a storm
嵐のように
(To keep this moment for myself)
(俺のために、この瞬間を保つために)
Like a virus
ウイルスのように
(I will find a way...)
(何とかして・・・)
Like an ocean
海のように
Like a silence
静寂のように

(I will find a way)
(何とかするんだ)
An emotion
感情
(To keep this moment for myself)
(俺自身のために、この瞬間を保つために)
Like a darkness
暗闇のように
(I will find a way... (I will find a way...))
(何とかするんだ・・・)
Like a chance
チャンスのように

An idea
アイディア
(I will find a way...)
(何とかするんだ・・・)
Like a verb
動詞のように
Like an outrage
激しい怒りのように
(To keep this moment for myself)
(俺自身のために、この瞬間を保つために)
Like a sunrise
日の出のように
Like a monster
怪物のように
(I will find a way...)
(何とかするんだ・・・)
Like a monster
怪物のように
Like a mantra
マントラのように
Like a mantra
マントラのように

(Never be the same...)
(元には戻れない・・・)

And all of this will never be the same again
何もかもが、永遠に変わってしまうだろう



※Mantra=サンスクリットで、本来的には「文字」「言葉」を意味する。真言と漢訳され、大乗仏教、特に密教では仏に対する讃歌や祈りを象徴的に表現した短い言葉を指す

ナインインチネイルズのトレント・レズナー、フーファイターズのデイヴ・クロールの共作
二人とも良い声してます

The Smiths - Please, Please, Please, Let Me Get What I Want



Good times for a change
変化の季節
See, the luck I've had
分かるだろ、僕ぐらいの不運を生きれば
Can make a good man
どんな善人だって
Turn bad
悪人に変わってしまうものさ

So please please please
だから どうか、どうか、どうかお願いだ
Let me, let me, let me
僕に、僕に、僕に
Let me get what I want
望むものが手に入りますように
This time
今度こそ

Haven't had a dream in a long time
夢なんて長いこと見ていないよ
See, the life I've had
分かるだろ、こんな人生を生きれば
Can make a good man bad
どんな善人だって悪人に変わってしまうものさ

So for once in my life
だから人生でどうか一度だけ
Let me get what I want
望むものを手に入れさせてくれ
Lord knows, it would be the first time
これまではあり得なかったことを
Lord knows, it would be the first time
どうか一度だけでも


改めて聞くと本当に短くてシンプルな歌なんですけど、これ以上ないぐらい人々の共感を集めている曲でもありますね。
モリッシーの歌詞は聞く人の中にいる「負け犬精神」を目覚めさせるというか笑、もっとよく言うと誰もが持っているナイーブで傷つきやすい側面に語りかける性質を持っているような気がします。
正に失望や孤独を歌わせて右に出るものはいないって感じですね。

Rogue Wave - Lake Michigan



Heaven is a switchboard that you want to fight
天国は配電盤で、君はそいつと戦いたがってる
She would even miss you if you taught her sight
その光景を見せてあげたなら、彼女はきっと君を恋しく思うだろう
Power politician leaning to the right
右傾化する権力政治家
Baby's got a trust fund
信託資金を得た赤ん坊
That she'll want to go off like that
そんなふうに彼女はいなくなってしまいたいんだ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ

Now we wear same-colored yellow uniforms
今、僕らはお揃いの黄色いユニフォームを身につける
Sky is burning
空が燃えているけれど
But at least we're warm
少なくともここは暖かいね
Go and run yourself a million miles
さあ、何千マイルも走って行け
Hoping that the colors run out
色の尽きることを祈って
And you go off like that
君はそんなふうにいなくなる
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ

You can never see yourself
自分を省みることのできない君は
Ringing all around it
そいつを知るために、片っ端から電話を掛ける
No one is on lake Michigan
ミシガン湖はもぬけの殻
You labored, lake Michigan
君は労働に勤しんだ ミシガン湖よ

Not another payoff
もう支払いはごめんだ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
Leave a little window
小さな窓辺を去って
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ
You know it won't do
分かるだろ、無駄なことさ
Get off of my stack
僕の積み藁から退いてくれ



映画「ライフ」のサントラを聴いて好きになりました。
ミシガン湖の汚染に関する歌だという意見もあれば、全然意味のない歌詞だという意見もあり・・・
ただなんとなく、独特の季節感が味わい深いと思います。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。