FC2ブログ

Sun Kil Moon - Duk Koo Kim



looking out on my roof last night
昨晩 僕は屋根の上で景色を眺めていた
woken up from a dream
夢から目覚めて
i saw a typhoon coming in close
台風が近づいてきているのが見えた
bringing the clouds down to the sea
雲を海面へと迫らせながら
making the world look gray and alone
世界を孤独な灰色に塗り替えながら
taking all light from my view
目に映る全ての明かりを連れて
keeping everyone in
僕は皆を中へと囲む
and keeping me here with you
この場所で 君のそばで

around you now, i can't sleep no more baby
君と一緒にいると 目が冴えて眠れないよ
around you still, don't want to leave yet
もうしばらくこのまま 君のそばにいたいんだ

woken up from a dream last night
昨晩 僕は夢を見ていた
somewhere lost in war
戦で今はもう失われたどこかの地で
i couldn't feel my feet or hands
僕は自分の四肢の感覚を失い
i didn't feel right anymore
苛まれていた
i knew there I'd die alone
僕は悟った 自分がこの場所でひとり死んでいくことを
with no one to reach to
助けを求める相手もなく
but an angel came down
けれどそのとき天使が舞い降りてきて
and brought me back to you
僕を君の元へ連れ戻してくれたんだ

i'd rather leave this world forever baby
この世を永遠に去る方がましだよ
than let life go the way it's going
このまま生きて行くよりは

watching an old fight film last night
昨晩 古いボクシングの試合を見たんだ
Ray Mancini vs. Duk Koo Kim
レイ・マンシーニと金得九の試合さ 
the boy from Seoul was hanging in good
ソウルから来た男は健闘していたけど
but the pounding took to him
一撃が彼を打ちのめした
and there in the square he lay alone
彼はリングの上に横たわっていた
without face without crown
名を成さず タイトルを逃し
and the angel who looked upon
天上の天使が
never came down
降りてくることはなかった

you never know what day could pick you baby
迎えがいつやって来るのか、誰にも分からない
out of the air, out of nowhere
それは青天の霹靂のように

come to me once more my love
もう一度僕の元へ戻ってきておくれ
show me love I've never known
僕の未だ知らぬ愛を見せてくれ
sing to me once more my love
もう一度僕に歌ってくれ
words from your younger years
若き日々の言葉を
sing to me once more my love
もう一度君に歌って欲しいんだ
songs that i love to hear
ぼくの好きな歌を

birds gather 'round my window
鳥たちが僕の窓辺に集い
fly with everything i love about the day
僕が愛したその日とともに飛び交う
flowers, blue and gold and orange
色とりどりの花たちが
rise with everything i love about the day
僕が愛したその日とともに背を伸ばす

walk with me down these strange streets
この初めての道を どうか僕と歩んでくれないか
how have we come to be here
どうやって僕らはここにたどり着いたんだろう
so kind are all these people
人々のなんと心温かいことか
how have we come to know them
どうやって僕らは彼らに出会ったんだろう



金得九:韓国江原道出身のプロボクサーで、第24代OPBF東洋太平洋ライト級王者。レイ・マンシーニとの世界タイトル挑戦後、リング禍でこの世を去った「悲運のボクサー」。試合後、母親とレフェリーが自殺している。

ボーカルのマークがボクシングファンで、バンド名Sun Kil Moonも文 成吉(Moon Sung Kil、ムン・ソンギル、1963年7月20日 - )という韓国人ボクサーの名前から取っている。
他にもサルバドル・サンチェスやベニー・パレットに言及し、フィリピン人ボクサーと同名のPancho Villaという曲などがある。

The Smashing Pumpkins - Stand Inside Your Love



You and me
君と僕は
Meant to be
定められている
Immutable
不変の存在
Impossible
不可能な存在
It's destiny
運命なんだ
Pure lunacy
全くの狂気
Incalculable
きまぐれで
Insufferable
虫唾が走る
But for the last time
だけど最後に
You're everything that I want and ask for
僕が望むのは君だけなんだ
You're all that I'd dreamed
君だけを夢見ているんだ
Who wouldn't be the one you love
誰もが君の愛を求めている
Who wouldn't stand inside your love
誰もが君の愛に包まれたがっている
Protected and the lover of
君は護られている
A pure soul and beautiful you
純粋な魂の美しき恋人よ
Don't understand
理解しないでくれ
Don't feel me now
今、僕を感じないでくれ
I will breathe
僕は呼吸する
For the both of us
僕ら二人のために
Travel the world
世界を旅して
Traverse the skies
空を飛び越える
Your home is here
君の居場所はここに
Within my heart
僕の心の中にある
And for the first time
こんな気分は初めて
I feel as though I am reborn
まるで生まれ変わったみたいだ
In my mind
僕の精神は
Recast as child and mystic sage
子供のように、神秘的な賢者のように変わった
Who wouldn't be the one you love
誰もが君の愛を求めている
Who wouldn't stand inside your love
誰もが君の愛に包まれたがっている
And for the first time
今初めて伝えるよ
I'm telling you how much I need and bleed for
僕がどれほど君を求め 苦しんでいるか
Your every move and waking sound
君の一つ一つの動きが、一つ一つの音が
In my time
僕の時間に
I'll wrap my wire around your heart and your mind
君の心をワイヤーで縛ってしまおう
You're mine forever now
これで君は永遠に僕のもの
Who wouldn't be the one you love and live for
君が愛と命を捧げる人に
Who wouldn't stand inside your love and die for
誰もがなりがっているんだ
Who wouldn't be the one you love
誰もが君の愛を求めている

Rob Crow - Hangnailed 【和訳】



Feels like it's summertime
まるで夏が来たみたいだ
Breaks down in frout of you
君の目の前で崩れ落ちていく
No one could understand
誰にも理解できないし
Never see them again
二度と彼らに会うこともないさ

Clean out your desk and you're gone
デスクを片付けて、君はここを去る

Who will feed them while you sleep?
君が眠る間、誰が彼らを養うんだろう?
Who'll lay you down
誰が君を横たえるんだろう?

Slapping past the neighbor's fence
通りがかり、隣人のフェンスを叩き付ける
Kicking dirt clods down the road
土の塊を蹴りながら、通りを歩いていく
There'll be no evidence that you were ever home
君が一度でも家にいたことを示す証拠は残されないだろう

Will someone remember you?
誰か君を覚えていてくれるだろうか?
Who'd write you down?
誰が君を書き記すだろう?



Hangnailed(ささくれ)というタイトル含め、歌詞がとても好き
Rob、本当にこのまま引退しちゃうのかしら、、

Rob Crow - Unstable



unstable airline
不安定な直線
cracked at the hairline
生え際のひび
it's pathetic
哀れだ
i'm pathetic
僕は哀れだ

when it's time to go i won't be ready
旅立つときがきても、僕は準備整わないまま
i will complain and i will act shitty
文句を言い、ひどい振る舞いばかりするだろう
tonight while all the world sleeps
今夜、世界が眠りに就く間
not i, i'll be staring at these walls
僕はじっと壁を見つめていよう

(with or without) any alcohol
アルコールがあろうとなかろうと
(with or without) any protocol
議定書があろうとなかろうと
(with or without) anything at all
何があろうとなかろうと
(with or without) the sheet's drenched in sweat and all
汗や色々なものでまみれたシーツ (あろうとなかろうと)
i can't go with them
僕は彼らと共には行けないんだ

Rob Crow - I Hate You Rob Crow



Don't leave it out
省略しないでくれ
I'm sure they will listen
彼らならきっと耳を傾けてくれるはずさ
Don't breathe a note
メモを読み上げないでくれ
I'm kinda here with you
僕は大体君と一緒にここにいるんだ

Wanted to be some kind of mess
何かしらの混乱を経験してみたかったんだ
The pain of it all
その痛みを余すところなく
And not too impressed
感銘をうけるでもなく

Down there in person
本人がそこで・・・
Late in the evening
夜遅くに・・・
What's in a name?
名前に何の意味があるっていうんだ?
Holding the mitts and
握りしめたミットを
Pursing them softly
ゆっくりとしわくちゃにする
What is your name?
君の名前は何?

I think it kind of depends
僕はそれは場合によると思うね
I mean like
つまりはさ
What's your perspective?
君の視点はどこにある?

Is anything wrong?
何か間違っているかい?
Is anything missing?
何か欠けているかい?
A little bit lazy
ちょっと怠け者だけど
And want your forgiveness
君の許しが欲しいんだ
A bunch of regrets, but
後悔は山ほどあるけれど
It's none of my business
僕にはどうだっていいんだ

QLOOKアクセス解析