スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Two Door Cinema Club - Changing Of The Seasons



So it's over? I didn't realize
これでもう、お終いなのかな?
It's so much colder
気づけば外はすっかり寒くなってたね
But it was no surprise
驚くことでもないけど

Did you ever
君は少しでも
Get to know me?
僕のことを分かってくれていたのかな
'cause it has never been so plain to see
君がいなくなった今、はっきりと言えるんだ

When you say you won't forget me
君が僕の事を忘れないと言っても
I can tell you that's not true
僕には分かるんだ、そんなの嘘だって
'cause every day since you left me
だって君がいなくなってから
I've thought less and less of you
日に日に僕は、君のことを考えなくなったから

And I've worn out all the reasons
君の家のドアを叩き続ける理由も
To keep on knocking at your door
もう見つからないし
Could be the changing of the seasons
季節が変わったせいかな
But I don't love you anymore
僕は君をもう、愛してはいないんだ

The door is open
ある日ドアは開かれて
You whisper to me
君は囁く
As you stood frozen
確信を胸に
Deep on certainty
その場に立ち尽くしたまま

I hope that you know
最後に 君が分かってくれるといいな
What I am thinking
僕が何を考えているのか
Before you go
沈んだ思いのまま
With your heart sinking
僕の前を去っていく前に

You say come back and spend the night
君は言う、戻ってきて一緒に夜を過ごそうと

Tears For Fears - Change

You walked in to the room
君が部屋へ入ってきたとき
I just had to laugh
僕は笑うことしかできなかった
The face you wore was cool
冷めた表情を浮かべた君は
You were a photograph
まるで写真だった

When it's all too late
全てが手遅れのときに
It's all too late
手遅れのときに

I did not have the time
僕には時間がなかった
I did not have the nerve
君がどんな気分か
To ask you how you feel
訊くだけの度胸もなかった
Is this what you deserve
どうして君がこんな目にあわなきゃいけないんだろう

Change
変われるよ
You can change
君は変われるんだ

And something on your mind
君が心に思い浮かべたことが
Became a point of view
ある一つの観点になった
You lost your honesty
君は誠実さを失って
I lost the life in you
同時に命も失った

We walk and talk in time
僕たちは共に歩み、語る
I walk and talk in two
二人きりで
Where does the end of me
僕の終わりは、いつ
Become the start of you
君の始まりになるんだろう

What has happened to the friend that I once knew
かつて見知ったはずの友はどこへ行ってしまったのか
Has he gone away
もう彼が戻ってくることはないのか

The Tunics - Waiting



she's fine, waiting for the enemy,
彼女は上機嫌で敵を待ち構えてる
she'll sell her soul to reach her goals, cos they'll never let her win,
奴らは彼女の邪魔をしようとするけど、彼女は魂を売ってでも目的を達成するんだ
she's high, waiting for the government,
彼女はハイになって行政がやって来るを待ってる
she'll let the faces win the races, cos we'll never let em win,
僕らはやつらの邪魔をしようとするけど、彼女はわざと勝たせてやるのさ
she's got so many little friends,
彼女には小さなお友達が沢山いるけど
but if you heard the words they said about her when her back's turned,
彼らが彼女の悪口を言うのを聞いたら、君にも分かるよ
you'd see it's all just a little game,
これは全部ただのお遊びなんだってね
and yeah, they hurt her more than i do, but they love her all the same
奴らは僕以上に彼女を傷つけるけど、結局みんな彼女を愛しているのさ

but to me, you are a work of art,
けど、僕にとって君はまるで芸術作品
and only when i'm with can i breathe,
君と居るときだけ生きた心地がするんだ
and not just play the part in the show,
このショーの中では、ただ芝居をするだけじゃない
they say, dont you know, that the show must go on,
奴らは言う、知らないのかい、ショーは終わらないんだって
and i must go on, singing these songs,
そして僕も演じ続けるんだ
that i dont believe in anymore
今はもう信じてもいない歌を唄いながら

sailing up the sea shore,
海辺を上っていく
waiting in line as traffic signs direct you where you oughta go,
交通標識に導かれるまま渋滞の列に並ばされて
think nothing of what you already know,
すでに知っていることに関しては、気にしない方がいいんだ
cos in this world, beautiful girl, a thinking ship will never float,
考えたら終わり、それがこの世界の決まり
and you've got so many little friends,
君には小さなお友達が沢山いるけど
all played for fools, in schools of thoughts, who taught you how you oughta think,
くだらない常識のせいで、みんな馬鹿にされる 誰が何が「正しい」かなんて決めたんだろう
think nothing of what you already know,
すでに知っていることに関しては、気にしない方がいいんだ
cos in this world, beautiful girl, a thinking ship will always sink
考えたら終わり、それがこの世界の決まりだから

Tool - Parabola



We barely remember who or what came before
僕たち過去の人間や出来事などほとんど覚えていない
This precious moment we are choosing to be here right now
この重要な瞬間にここにいることを選んでいるんだ
Hold on, stay inside
しがみつけ、中に止まるんだ
This holy reality, this holy experience
この聖なる現実、この聖なる体験
Choosing to be here in this body
この肉体を生きることを選んでいる

This body holding me
この体が僕を繋ぎ止める
Be my reminder here that I am not alone in this body
この肉体の中で、僕が一人ではないということを思い出させてくれ
This body holding me
この体が僕を繋ぎ止める
feeling eternal all this pain is an illusion
永久を感じる この痛みは全て幻

Alive
生きている

This holy reality
この神聖なる現実
In this holy experience
この神聖なる体験の中で
Choosing to be here in this body
この肉体を生きることを選んでいる

This body holding me
この体が僕を繋ぎ止める
Be my reminder here that I am not alone in this body
この肉体の中で、僕が独りではないということを思い出させてくれ
This body holding me
この体が僕を繋ぎ止める
feeling eternal all this pain is an illusion
永久を感じる この痛みは全て幻
Of what it means to be alive
生きることの意味という幻なんだ

Swirling round with this familiar parable
ありきたりな寓話と一緒に渦を巻いて
Spinning, weaving round each new experience
ぐるぐると回りながら、一つ一つの体験を作り上げる
Recognize this as a holy gift and celebrate this
聖なる授かりものとして認識し、祝福しろ
Chance to be alive and breathing
生きて呼吸していることの巡り合わせを
Chance to be alive and breathing
生きて呼吸していることの巡り合わせを

This body holding me
僕を繋ぎ止めるこの体が
Reminds me of my own mortality
いつかはやってくる死を知らしめる
Embrace this moment
この瞬間を喜んで迎えろ
Remember we are eternal
僕たちは永遠だということを忘れるな
All this pain is an illusion
これら全ての痛みは幻

Tool - Prison Sex



It took so long to remember just what happened
長い間何が起こったのか思い出すことができなかった
I was so young and vestal then,
その頃僕はまだ幼くて、無垢な存在だったんだ
you know it hurt me,
分かるだろう、苦しいんだ
but I'm breathing so I guess I'm still alive
けれどこの身体が呼吸しているってことは まだ僕は生きているみたいだ
even if signs seem to tell me otherwise
表れる死の兆候に反して
I've got my hands bound,
僕は両手を縛られたまま
my head down, my eyes closed,
頭を垂れて、目を閉じている
and my throat wide open
喉を掻っ捌かれて

Do unto others, what has been done to me,
他人を僕と同じ目に遭わせろ
Do unto others, what has been done to you?
同じ目に遭わせろ 君は一体どんなことをされたんだ?

I'm treading water,
俺ははなんとか生き延びている
I need to sleep a while
しばらく眠っていたいよ
My lamb and martyr, you look so precious
俺の子羊よ、殉教者よ 君はとてもかわいらしい
Won't you come on up closer
もっとこっちへ来てくれないか
close enough so I can smell you
君の匂いが感じられるように
I need you to feel this
君と共有したいんだ
I can't stand to burn too long
あまり長く炎に耐えていることはできない
Release in sodomy
男色に見出す解放
Oh, for one sweet moment I am whole
甘美な一瞬、僕は満たされる

Do unto you now, what has been done to me,
君を俺と同じ目に遭わせてやる
Do unto you now, what has been done?
同じ目に遭わせてやる、一体何をされたんだ?

You're breathing so I guess you're still alive
呼吸する君の身体 まだ生きているみたいだ
even if signs seem to tell me otherwise
表れる死の兆候に反して
Won't you come on a bit closer,
もう少し近くに来てくれないか
close enough so I can smell you
君の匂いが分かるように
I need you to feel this
君にも感じてもらいたいんだ
I need this to make me whole
こいつが俺を満たしてくれる
Release in sodomy
男色に見出す解放
For I am your witness and
俺こそは君の証人だ
blood and flesh can be trusted
そして血と肉こそ信頼に値する
And only this one holy medium brings me peace of mind
この聖なる媒体だけが僕に心の平静をもたらしてくれるんだ

Got your hands bound, your head down,
君は手を縛られて、頭を垂れて
your eyes closed
目を閉じている
You look so precious now
本当にかわいらしいよ

( Show me something
見せておくれ
Thought I could make it end
俺は終わりにすることができると思った
Thought I could wash the stains away
この染みを洗い流して
Thought I could break the circle if I
悪循環を断ち切ることができるって
Slipped right into your skin
君の皮膚の下へ潜り込むことで
So sweet was your surrender
君の降伏はとても甘美だった
We have become one
俺たちは一つになったんだ
I have become my terror
俺は自身の恐怖と一体化し
And you my precious lamb and martyr)
そして、君は俺の愛しい子羊に、殉教者になったんだ

I have found some kind of temporary sanity in this
ある種の一時的な正気を見出すことができたんだ、これら
shit, blood, and cum on my hands
糞便、血、そして僕の手についた精液の中に
I've...come...round...full circle
俺は息を吹き返す…堂々巡りさ
My lamb and martyr, this will be over, soon
俺の子羊よ 殉教者よ もうすぐ終わるよ
You look so precious
君は本当にかわいらしいよ
You look so precious
とてもかわいらしい
You look so precious...
とてもかわいらしい…


歌詞、ビデオ共に幼児虐待に対する明確なメッセージが見られる。
ボーカル・メイナードは初期のインタビューで彼自身の義父に対する嫌悪をはっきりと語っている

"This song is about recognizing, identifying, the cycle of abuse within yourself. That's the first step of the process: realization; identifying. The next step is to work through it. But this song is about the first step in the process, which is recognizing."
「この曲は自身の内における虐待のサイクルに気づき、認めることを歌っている。気づきと認識、それが第一のステップだ。第二のステップは、それを処理すること。けれどこの曲はまずプロセスの最初のステップ、つまり認識することに関する歌だ」
(メイナードのライブMCより)

ツールのギタリスト、アダム・ジョーンズの雑誌Revolverインタビューより、シングルのグッズをめぐるエピソード:
"Contractually, the record label was supposed to talk to us about any sort of publicity stunt they pulled on our behalf, especially with us paying for part of it. But without telling us, they made little kid T-shirts for the single 'Prison Sex' with our Tool wrench logo on there, which is actually a phallic symbol. So the label was going to send the shirt to all the radio stations because Nirvana did that with one of their songs. And we're going, 'Well, first off, you didn't even talk to us about this.' And they went, 'No, you don't understand. Nirvana did this and it was a huge hit with radio.' And Maynard goes, 'Do you know what that song's about? It's about getting f--ked in the ass as a little kid.' They never sent the shirts out."
「契約ではレコード・レーベルは全ての宣伝行為に関して、特にバンドが一部費用を負担するものに関しては、全て俺たちに話を通すことになっていた。だけど俺たちに許可なく連中は"Prison Sex"の子供向けTシャツを作ったんだ、それも男性器を模したバンドのロゴを入れてね。(これ)ニルヴァーナの真似をして、彼らはこのTシャツを全部のラジオ局に送ろうとしていたんだ。それで俺たちは言ったんだ、『そもそも俺たちは一切話を聞いてない』って。彼らの言い分は、『君たちは分かってない、ニルヴァーナが同じことをして、ラジオで大ヒットしたんだ』それでメイナードが返した、『お前達はこれが何の曲か分かってるのか?小さな子供がケツを掘られる話なんだぞ』 おかげでTシャツは世には出なかったよ」

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。